プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

就職斡旋会社に行ってきました。
風邪で頭はモウロウ、霧雨でなんとなくブルーな上海の街。
それに輪をかけるようなお話の数々。
春節イブだというのにうちの近所は爆竹の音はほとんどなし。
やべーなー、テンション下がりまくりってか?


ここも非常に親切に対応していただきました。
パ●ナさんです。好印象。

今日で4社目でしたが、明確確定になったのは、

  永住しない限り現地採用にメリットはない

です。


ちょっと表現が微妙なのですが、
一時的に現地で働いて、キャリアを身につけるとか、
次へのステップがあるならば現地採用は有効な手段となりうる。
けど、日本と同じ発想でこの会社に骨を埋める気!となると、
うーん、辞めといたほうがよさ気、という意味です。


給与水準はやはり
  10,000±2,000元
これだと中国国内で生活するにはまったく不自由なしです。
というか、それなりの高所得層です。
老後の蓄えも作れます。
ただし、
  中国国内での老後
です。
日本に帰るという選択肢は作れない。


もう一つのポイントは就業契約です。
基本的に
  中国の雇用契約期間は1年
です。
1年先が分からない。
若いときは問題ないでしょう。
仮に契約延長にならなければ、別の会社をまた探せば良い。
けどですよ、仮に53歳で延長打ち切りになったらどうします?
よほどキャリアがない限り新しく仕事を探すのは厳しいでしょう。


高収入を得る条件となるのは
  中国にない特殊な技術
たとえば金型。
これだと日本と同額の給与を探せるようです。

そしてもう一つは、
  中国での実務経験
日本での実務経験は当り前。
プラスアルファで中国での実務経験が必須。
特に工場管理などの経験があればポイントが高いようです。


となるとですね、
文系出身のゼネラリストは厳しくなりますよね。


じゃあ、結局のところ現地採用の多数派は
何を求めて働いているのかというと、
  ●中国で働いたというキャリア作り→日本で再就職
  ●中国での実務経験と人脈作り→ゆくゆくは中国で起業
という人が多いようです。

つまり、定着することが前提にはなっていない。
ステップアップの場ってことでしょうか。
でもって、中国の雇用形態も定着に向いたものではない。


今回お世話になった4社ともにおっしゃっていたことは、
  老後を日本で過ごすつもりなら日本で就職すべき
でした。
さてさて、どうしたものか。


カウンセリングをしていただいた4社の面接官のみなさん、
大変勉強になりました。
ありがとうございました。



    117校の留学情報
     (別ウインドで開きます)

    応援ありがとうございます。
     (別ウインドで開きます)


つれづれなる上海 | 【2007-02-17(Sat) 12:08:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

 

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。