プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

さて、登録書の記入が終わるとカウンセリングが始まります。
中国系は「どういう仕事がいいですか?」とけっこう速攻できました。
日系はごく普通です。前の会社で何してた?とか、根掘り葉掘りです。


このやり取りを通して感じたことは、
明確な技術を持ってるほど強い!
例えば金型が分かるみたいな。
私は元バイヤーですからね。
知識が広く薄い。
この時点でアウトです。


それと募集業種の7割方は営業職だということ。
ここでおや?っと思った。何でそんなに多いの?
恐る恐る聞いてみました。
  「それだけ募集があるってことは、
   それだけ辞めるor辞めさせられる人が多いの?」
過酷なノルマを達成できずクビ!
次から次へと入れ替わる現採営業日本人!!

と思ったのですが、単に進出日本企業が増えていて、
営業職が足りないだけだそうです。一安心。
ただ、やはりノルマはしっかりあり、楽ではないとのこと。
ずっと営業される立場だった私には無理ですな…


途中で中国語の会話力テストがあります。
これは今回お世話になった3社共通です。
中国人社員の方が出てきて、中国語で会話します。
いやいや、これは緊張します。
評価はというと「ビジネスレベル初級」
社内でのやり取りに不自由しないという意味だそうです。
ブロークンでもとりあえず意思疎通はできる、という評価。
う~む…、複雑な心境。

ある業者さんでは筆記試験もありました。
日本語のビジネスレターを中国語に翻訳!!
あのね、無理に決まってるでしょ。
書き終わって恐る恐る
  私 「どうですか…?」
  先方「意味は通じます。」
はぁ。
ビジネスレターとしての常套句や良く使う言い回しなどができていない。
そりゃそうだよね。


そしてまた具体的なお仕事の話が再開です。
でもってここで重要なポイントが2つ発覚したのでした。

一つは現採の給与相場。
私のような、つまり、日本での勤務歴は10年程度ある、
管理職経験もある、学歴は普通、でも特別な技術がない、
というありがちな30代日本人の場合、
  手取り10,000±2,000元

はぁ、ふぅ、ほぉ…
予想はしていましたが、やっぱりそうなのね(涙)
聞きたくなかった厳しい現実。
ついでにいうと、本社採用現地駐在の募集は皆無だとか。


そしてもう一つのポイント。
中国の雇用契約は1~2年単位が一般的だと。
日本で就職する際には雇用契約の中に勤務年限ってないですよね。
中国にはそれがある。
つまり、1年後に無職スーパーフリーになる可能性がある。
なんてこった!


ここでふと思ったのです。
あれれ?現採ってどうなのよ、と。

仮に運良く月収15,000元にありついたとしましょう。
生活費が月に5,000元平均とする。
(これには年に数度の帰国費等も含みます。)
すると月々10,000元貯金。
年間12万元。
30歳で現採になって、60歳まで働くとすると、
リタイア時点での預金総額は360万元。

そのまま中国に永住するならまったく問題なし。
でも日本に戻るとなるとですよ、
360万元=約5,000万円ですよ。
90歳で寿命を迎えるとして余生30年。
1年当り166万円。
1ヶ月当り14万円。
うーん、微妙だぁ。
しかも勤め続けられる保証はない。


それを3社の担当の方に伺ってみたところ、
3人ともこうおっしゃいました。
  「リタイア後、日本に戻るつもりなら、日本で働いたほうが良い」
現採で老後を日本で過ごすというライフプランは
基本的に成り立たないというお答えでした。

え?じゃぁ現採の人ってどういうプランでいるんですか?
  「中国で2・3年働いて日本に戻る予定の人が多いです。」
つまり中国での業務歴をキャリアにして、日本で再就職するとのこと。


はぁ…、秋に帰国確定だなぁ。
帰りたくないなぁ。日本に。



    「中国留学情報」一度ご覧を♪
     (別ウインドで開きます!)

    ありがとうございます。助かります!
     (別ウインドで開きます!)


つれづれなる上海 | 【2007-02-06(Tue) 16:01:10】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

 

上海は現地採用希望者が腐るほどいるので、
給与もシビアですよね。
蘇州のほうが2,3000元ほどは多いのではないでしょうか。
でも、営業が多いのは共通です。
ちなみに蘇州では新卒に毛の生えた人間で1万元前後も見つかります。
中には6000元などもありますが・・・
【2007-02-06(Tue) 22:08:39】 | URL | あきら@上方山 #JalddpaA | [編集]
>あきら@上方山さん
 やっぱり需要と供給の関係なんですね。
 シンセンや広州も行きたがる人が少ないうえに、
 需要が多いので、上海よりも高いと聞いたことがあります。
 蘇州か、行ってみようかなぁ…
 
【2007-02-06(Tue) 22:19:57】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。