プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ども。上海に帰ってきたジャーナリスト、王九蛋です。

この半年で黒龍江省から海南島まで二百数十校の大学を見てきました。
北京や上海の大都会から、日本人が一人も住んでいない田舎町まで。
発展した沿海部から、老人ばかりが目立つ内陸の中都市まで。
春節が終わったらまたツアー再開で、どんどん内陸に入っていきます。
あと半年、まだまだいろんな中国が見えてくるのだろうと思います。


で、格差社会についてです。
今中国では社会格差が非常に問題になっていて、
日本のマスコミもこの問題を盛んに取り上げています。
その多くが沿海部と内陸部の都市間格差です。

ですが放浪ジャーナリスト的にはむしろ、都市内格差の方が気になります。
同じ町に住んでいる人々の格差が非常に大きい。
しかもそれは時として現在の格差にとどまらず、
その人が死ぬまで続く格差でもあります。
それが如実に目に見えて現れるのが大学なんです。

ご存知のように中国の大学は今、大拡大を続けています。
大学といっても商業主義の中国ですので、多くの大学が学部を新設し、
定員を毎年増やしています。
その結果、市内の旧キャンパスでは手狭になり、
郊外に新キャンパスを造営する大学が後を絶ちません。

そのキャンパスを歩く学生たちは千差万別です。
小奇麗なカッコをした子もいれば、その逆も。
ですがそんなのは格差のうちに入らない。
彼らには逆転の可能性がありますから。
大学内にはもっと厳しい格差が潜んでいます。
階層格差です。

造営中の大学では数多くの民工が働いています。
彼らの半数近くは40歳代以上です。
彼らにはもう逆転の可能性はないです。
今よりも格段に生活水準がアップすることはない。
その彼らの横を大学生たちが歩いている。
昼時に民工が昼寝をしている横で、
学生たちがバスケットボールに興じている。
民工が安いタバコを吸っている横で、学生がiPODを手にしている。
彼らは学生たちをどんな思いで見つめているのだろうか。


都市間の格差はテレビなどで見ることはあってもリアルではない。
ですが、都市内の格差は日々すぐ横にいる。
逆転の余地が残された格差ならばまだ救いはある。
けどそれがない格差は人々に諦めと絶望感しか生まない。

若者の希望に満ちあふれたキャンパスなのですが、
時として憂鬱な気分にさせてくれるのもまたこのキャンパスです。
がんばれ、中国。



    「中国留学情報」みなさんのご要望を募集中です♪
    

    ポチッと、ご協力お願いします!
    
 

中国の車窓から | 【2007-01-30(Tue) 22:39:57】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

 
今までもこれからも、格差はある。それをどうやって乗り切るか。私は、それを子どもに教えたのだけど、子どもは物があるのが当たり前で、ないなんて想像もつかないから、部屋の掃除も勉強も、教育環境にも不満をいうんだなぁ。とほほ。
【2007-02-01(Thu) 18:43:58】 | URL | みりん #- | [編集]
>みりんさん
  http://ohmirin.blog23.fc2.com/
 これはこれは、お久しぶりです。だんな。
 まぁ、子供なんて不満を言うのが仕事ですからね。
 きっとその不満を反動パワーに成長することでしょう。
 是非、格差を乗り切って欲しいものです。
 
【2007-02-01(Thu) 19:52:42】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。