プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ども。訪問大学数が200校を超えたジャーナリスト、王九蛋です。


河南省に限ったことではないのですが、中国の大学は拡大を続けています。
各大学が学部数、学生数を大幅に増やし、規模は膨張する一方です。
そのため、各大学は郊外への新キャンパスの建設を進めています。
これが何といいますか、超立派なんです。

正門から続くメインストリートの幅が10車線くらいあるもの、
奇抜で巨大なオブジェを複数作っているもの、
大学の建物自体もすごいです。とにかくデカイ。立派。
20階建て以上の本部ビルなんてあちこちにあります。


けどこれらを見るたびに複雑な心境になるわけでして…
希望プロジェクト(貧困で学校に通えない児童を救済する取組み)は
去年形式が幾分変わったもののまだ続いています。
上海など大都市圏では農村から親と一緒にやってきたものの、
農村戸籍であるため学校に通えないという子供がたくさんいる。

教育は国家の根底をなすものです。国家の基礎体力です。
国民の平均的教養レベルを一定値で保つことが国家の基幹を支えるはずです。
今、学校に通えない10代の児童が数多くいると聞きます。
彼らの増大はこの先の中国の労働力の質の低下につながるでしょうし、
また別の側面では新たな貧困、そして格差を生み出し、
それはさらに社会の不安定要因にもなるはず。

なんでこんなにバカでかい立派な校舎作る必要があるんだろう。
他に金突っ込むべき場所があるんじゃないの。

新キャンパスを見るたびに複雑な思いになるのであります。
少なからずの先生方もこのことは認識しているようで、
とある大学では先生自身が「私も無駄だと思う」とおっしゃってました。

ちなみに、これらの校舎の建設費、国家予算だけでまかなっているわけではありません。
鄭州のタクシーの運ちゃんいわく、大学の学費も上がり続けているそうです。

う~む、いかがなもんなんでしょうか?



    中国留学情報、17省・地域をカバー♪
    

    ポチッと一押し、お願いします!
    



中国の車窓から | 【2007-01-28(Sun) 17:19:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

 

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。