プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ども。汽車旅が大好きなジャーナリスト、王九蛋です。
子供の頃は鉄道少年で、愛読書は時刻表でした。
先週末、昼過ぎに出る列車で河南省の省都、鄭州に移動です。
約6時間の汽車旅ということで、少し奮発して軟座(グリーン車)です。

ちょっと中国の列車について説明を致しましょうか。
列車のレベルには普通、普通快速、特別快速などがあり、
快速の中でもK、N、T、Zなど区別があります。
座席のレベルはといいますと、硬座(普通車)と軟座(グリーン車)に分かれます。
列車によっては軟座が1等と2等に分かれたりします。

グリーン車といっても日本の普通車レベルです。
しかも背もたれのリクライニングもないし、方向も変えられない。
全車軟座の列車でない限り、普段は硬座に乗るのですが、
今日は昼間の6時間の移動。
当然、パソコンに向ってたまった事務作業をこなす。
硬座でノートパソコンを広げるのは雰囲気的に今ひとつでして。
今日は軟座です。


で、目的の9号車に乗り込もうとしたところ、車掌さんが聞いてくる。
「寝台車に換えますか?」
何聞くの、このおばちゃんと思ったのですが、少なからず、
いや、結構多くのお客さんが追加料金を払って寝台車に換えているのです。
出発は15時02分、鄭州到着は21時08分。なぜ?

信じられないことですが、みんな寝るのです。
昼まっから寝台車で。
とにかく中国人はよく寝ます。
今日の列車、僕が乗り込んだ軟座でも周りの人はみんな同じ。
発車してしばらくは新聞を読む。
次に周りの人と新聞を交換して読む。
そして、寝る。
小一時間すると目が覚める。
しばらくぼーっとする。
そして、また寝る。
寝台車が売れるわけだ。
硬座と比べるとお値段2倍なのに。

こちとら悲しいかな(元)ジャパニーズビジネスマン。
昨日の夜から列車の6時間で済ます作業内容をリストアップし、
万全の体制で乗り込み、出発から到着までひたすらお仕事。

彼らの穏やかな寝顔を見ながら、
豊かさの意味を思わず問い直してしまうのでした。

いやいや、これが日本の原動力なのだ。
ってか?



    中国留学情報、ようやくグーグル1ページ目♪
    

    ポチッと愛の一押しを!
    


中国の車窓から | 【2007-01-21(Sun) 09:08:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

 

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。