プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

読者諸氏お察しの通り、
小生の日記には時差がある。
まぁ、たかだか日記だしねと気にせずきたのだが、
このペースで行くと最大3ヶ月ほどの時差になる恐れアリ。苦笑

さすがに9月に6月の日記はまずいと思い、
ハルビンその他は後日アーカイブということで、
とりあえず現時点に場所を移す。

実はすでに吉林省に移動済み。笑



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



延辺大学の先生と昼食へ。
「犬肉は?」と勧められたが、
黒のラブラドールレトリバーを偏愛する愛犬家の小生。
丁重にお断りする。

美味いんだけどね。笑


焼肉を食しながら、北朝鮮談義。


で、さっそく本題なのだが、
予想もしなかった情報が上がってきたのだ。




まず、ビックリおったまげたのが、
ぬわんと、
中国の車で北朝鮮に旅行に行けるというのだ。

これだけだと大した驚きに値しない。

腰を抜かしたのが、
中国人が個人の自家用車で、
北朝鮮人ガイドもつけずに
自分で車を運転して旅行できるのだと。


もちろん、
ごくごく普通の一般中国人民が
「ほな、行ってきまっさぁ~」
てなノリで行けるわけではない。

だが、北朝鮮のそれなりの筋にツテがあれば、
中国ナンバーが付いた自家用車で、
自分で運転して旅行ができると。




もう一つ、
ひょへ~!っと驚いたのが、
中国の大学には
北朝鮮人の私費留学生がいるという事実。

国費派遣ではなく、
私費留学。
これって、すごいよ!


要は、中国貿易で一儲けした北朝鮮人が、
自分の子弟を中国に留学させているってこと。


ここで注目すべきは2点。


一つは、そんな自由が認められてるってこと。
国費留学、つまり、国の政策として派遣されている、
そういう北朝鮮人留学生は、
実は中国あちこちの大学にいる。

彼らは幹部候補生として
国費で養成されている。
必ずお目付け役の政府関係者が付いている。

それとは違って、
豊かになった人民が、
あくまでも個人の裁量で子供を留学させる。
そんなことがあの国で実現しているのだ。



もう一つは、中国貿易で儲ける個人がいること。
ここで言いたいのは、
個人が貿易業をしていることではない。
そんなもんは、政府のしかるべき筋に金を渡せば、
楽勝でできる。

彼らが輸入した物品を買える層がいるってこと。


聞くところによると、
中国から輸入された物品は、
中国とそれほど変わらない価格で売られているらしい。

一般的なところで言うと、
北朝鮮の労働者の所得は中国の数分の一という。
月収で1万円にもならないんだって。

そんな国で貿易商が大儲けできるほど、
中国産品を買える層がいるというわけだ。




これらの事象を、どう捉えるべきなのか。
政府の統制が行き届かなくなっているということなのか。
資本主義経済が入りつつあるということなのか。
はたまた、個人の権利が認められつつあるのか。

そのあたりは小生にはまったく分からない。


唯一つ、確実に言えることは、
北の現状が日本で広く一般に認識されている
いわゆる北朝鮮イメージだけでは捉えられないということ。

脱北者と餓死者が続出して、
弾圧と貧困で苦しんで、
政府は日本人を拉致している。

それはそれで紛れもない事実。

けど、
それとは別の側面もある。
見えてない部分がきっともっとたくさんあるはずだ。




もしかしたら一部の子供達が学習塾に通ってるかもしれないし。
こっそり仕入れた冬のソナタのDVDを見てるかもしれないし。
逆に、
少女の売春目的の人身売買が日常化してるかもしれないし、
子供が臓器売買のために欧米に売られてるかもしれない。




やっぱ見なきゃ分からないんだ。
どれだけ見ることができるか分からない。
表面的なものしか見えないのかもしれない。

だけど見なきゃ。
自分の目で見なきゃ。



とは言いつつ、
いろんな意味で遠いよなぁ…




    応援お願いします!
      

    「中国留学情報」
    ハルビン師範大学の情報、更新しました!
    

    黒龍江省の日本語教師の求人、新規掲載しました!
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-06-01(Sun) 20:41:11】 |  Trackback(-) | Comments:(1) | [編集]

 
初めまして、中国ファンのヒロシです。
朝鮮語もできます。
延辺には行った事があります。
白頭山にも登りました。
この地域の情報には関心を持っています。
よろしくお願いします。
【2008-06-02(Mon) 14:26:25】 | URL | ヒロシ #tUEYA2/g | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。