プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ヒトデ1 


上海15時50分発、大連行きT132特別快速列車
残念ながら大連に行くのではない。


西南ツアーから上海に戻ってきて数日が経ち、
近所のきっぷ売場へと。

お目当てのきっぷは、天津行きZ42直達列車
この列車は北京行きのZ列車ほどは人気がなく、
直前でも売れ残っていることが多い。
で、油断しきっていたのだが。。。

日曜出発のきっぷだけがキレイに完売していた。
月曜の早朝に天津に着くこのきっぷ。
ビジネスマンの考えることは洋の東西を問わず同じなのか。


さて、どうしたものかと頭をひねる。
時刻表とにらめっこして出た結論。
それがT132であった。
これならば朝の5時前に天津に着く。


ところが、きっぷ売場に行くと、買えないとの答え。


日本と違う点なんだけど、
中国のきっぷって自由自在に買えるわけではないのだ。

例えば、北京発四方(青島)行きのきっぷ
天津も当然停まるのだが、天津-四方間を上海で買うことはできない。
上海で買えるのは北京から四方までの全区間のきっぷだけである。


また、ここから先のきっぷしか買えない、という制限もある。
どういうことかというと、

例えば、東京発博多行きの列車があるとしよう。
この列車のきっぷが、大阪以遠しか買えない。
つまり、東京から名古屋とか、京都までは買えない。
遠距離まで行くお客さんを優先しているわけだ。

ちなみにこういった規則は、
地方ごと、列車ごとに適用対象が変わる。
小生のような鉄道ヘビーユーザーには実に頭の痛い話なのだ。


で、T132はというと、
天津のちょっと先、河北省の唐山駅以遠しか買えない。
上海-天津間はダメってことだったのだ。

さてどうしたものかと思案顔の小生に
顔見知りのきっぷ売場のおっちゃんが知恵を授ける。

「坊主頭、唐山まで買えよ。」


なるほどね。
途中下車か。
その手がOKなわけね。


ということで、
天津に行くのに大連行きの列車に乗ったというわけだ。


列車に乗り込む。
通路をうろちょろするおねえちゃんの話し言葉が
思いっきり東北。

巻き舌+こもった発音
口の中に綿でも入っているような声。


心なしか、背の高い美女が多い?
いやいや、
これは小生の思い込みが強すぎた。

ベットに寝転ぶ老若男女のズボンの裾から
股引が顔を出す。


この列車は大連鉄道局の管轄のようだ。
車掌の兄ちゃんも明らかに華東とは違う発音。


海洋都市ですな。
やっぱり大連は。


ヒトデ2 

床のカーペットにはヒトデのキャラクター


ヒトデ3 

寝台番号を書いたプレートもヒトデ


寒さ嫌いの小生に東北はまだ早い。
待っててね。ヒトデちゃん。


ということで、
天津・山東篇スタート




    応援お願いします!
      

    「中国留学情報」
    肇慶学院の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-04-29(Tue) 18:27:49】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

 

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。