プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

小生、街中の移動はほぼ100%バス
地図を片手にバス停の表示板と毎日にらめっこ

バス停の表示が今までで一番分かりやすかったのは西安
ここは地図形式になっている。
奈良交通や西鉄バスより数百倍分かりやすい。

逆に、一番分かりにくかったのは、
うーん…
ほとんどすべての街。笑
もう慣れたけどね。


重慶はかなり分かりやすい部類に入る。
表示板がなかなか見やすい。

バス停1 


バス停2 


地名にはいろいろとその街の特徴が出る。
例えば天津とか、縦は●●街、横は●●路
通りの名前を縦横で区別している。
石家庄とかも確かそうだった。

重慶は特徴がかなり多い街だ。
地名に●●湾とか、●●坪とか、●●バーってのが多い。
特にこの「バー」ってのは他では見た覚えがない。
ツチ偏に覇王の覇と書く。

重慶駅があるのが菜園バー
師範大の住所は沙坪バー
長江の中州は珊瑚バー


大学の先生に聞いてみたところ、
このバーって文字には、平地という意味があるとのこと。

中国の長崎と小生だけが呼んでいる重慶
とにかくどこに行っても坂だらけ。
山肌にへばりつくように建物が並び、
その間を道路がアップダウンを繰り返す。

平地ってだけで場所の名前になる
それだけ平地が貴重ってわけだ。


もう一つ。
南坪(ナンピン)というところから南に下る。
重慶教育学院があるのが四公里
工商大があるのが五公里
その次が六公里で、
七公里にあるのが交通大
さらにそのあと、八公里、九公里、十公里と続く。

ところが、
一公里、二公里、三公里がないのだ。
なぜいきなり唐突に四から始まるのか!?


ヒント


なし


実は


小生も知らん。笑


大学の先生ともなんでだろうね?って話になったのだが。
どうもこれという理由が見つからない。

1,2,3がないって
日本人としてはなんか気持ち悪くない?


ご存知の方、
ぜひ教えてください。




    「中国留学情報」
    転校無料キャンペーン中!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」


「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-17(Mon) 02:36:50】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 

成都のバス停表示も分かりやすい方だと思いますよ。
一環路内は基本的に地図付(路線別に色分け)ですから。
ただし、中国では、路線により、同名停留所でも位置が違うのは当たり前ですから、
乗換の時、地図だけからそれを読み取るのは困難の時もありますね。
【2008-03-17(Mon) 09:40:25】 | URL | KM #NscJhb76 | [編集]
>KMさん
 どもども、ごぶさたです。
 今まさに成都にいます。
 分かりやすいですよね。ここは。
 私みたいに1年に1回しか来ない人にとって、
 こういう分かりやすい表示は本当に助かります。
 昆明もこんな感じだったような記憶があります。

 停留所で場所が違うのはともかくとして、
 上海の地下鉄は何とかして欲しいですね。
 同じ駅名で改札出ないと乗り換えできないなんて。
 ミラクルに不便です。
【2008-03-17(Mon) 21:22:45】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。