プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

小生の住むマンションは老人比率が高い。
恐らく入居者の3割はお年寄りではないだろうか。


エレベーターで下へと。
10階から乗ってきたばあさん。

「あらぁ、久しぶりだね。」
どもども。
「ちょっと、太ったんじゃない?」
いや、食生活貧相ですけど。
「夏場はもう少し引き締まってたわよ。」

このばあさんは小生の大家の親戚である。
入居時からやたらと世話を焼いてくれる。
親切な良いばあさんなのだ。


このばあさんは年の頃なら70過ぎだろうか。

思うんだよね、ありがたいと。
中国のお年寄りが親切にしてくれるのって。


第2次上海事変が起こったのは1937年の7月
盧溝橋事件の直後、欧米列強の関心を満州からそらすため
関東軍が故意に起こしたとされる。

その真偽はともかくとして、
上海のお年寄りってのは、
この事変の経験者もしくは、
親からリアルな経験談として聞いた世代である。

その上海のお年寄りが、
事変当事者ではないけど、
でもとりあえず日本人である小生にだね、
けっこう親切に良くしてくれるわけだ。


逆の立場だったら、
って考えてみるんだよね。

例えば、小生の親族に北朝鮮の拉致被害者がいたとする。
これから数十年経って、日朝の国交が正常化したとしよう。
そして、小生のマンションの隣の部屋に
北朝鮮からの留学生が引越してきたとする。

普通に付き合えるのかなぁ、って。


小生は戦争の当事者ではない。
故に、先の大戦について中国人に謝罪するつもりなどない。
小生は何もしてないもん。

ただ、
小生に良くしてくれる中国のお年寄りたちに
感謝の気持ちは常に持っとかなきゃいけないなと。

そう思う今日この頃。






    「中国留学情報」
    江漢大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




つれづれなる上海 | 【2008-01-13(Sun) 19:26:10】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 

1931年の満州事変から目をそらすため、陸軍の謀略で起こされたのが、第1次上海事変です。
1937年の盧溝橋事件を発端に起きた北支那事変についで、、陸軍に対抗した海軍の意向もあり拡大したのが第2次上海事変で、これにより戦争は全面的に拡大し、泥沼の日中戦争となったのです。
【2008-01-14(Mon) 00:14:17】 | URL | KM #NscJhb76 | [編集]
>KM #NscJhb76さん
 あちゃ、失礼しました。
 歴史が苦手なものでして。
 ご指摘、ありがとうございました。
【2008-01-16(Wed) 02:29:09】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。