プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

すべてのツアーを完了し、上海に戻る留学支援サイト「中国留学情報」
南京には定刻3時間遅れの午後4時過ぎに到着。
ここから乗り換えて上海に帰る。


9月のツアースタートから様々な列車に乗ってきた。
最初に乗ったのは大連発哈尓濱行きのT261列車
目覚めた哈尓濱は初秋の肌寒さだった。

華南へのツアーに2回使ったのはT99列車
上海から香港へ直接入る列車だ。
広州東駅に入る手前あたりからいかにも華南な風景が広がる。
大好きな列車の一つだ。

重慶から山西省太原に向う1726列車も忘れられない。
西安まで20時間の硬座の旅。
まさに苦行だったが、中国庶民の汽車旅に触れられた。

南寧を夕方に出て昆明に向う2637列車
これといった特長のない列車ではあるが、
広西ののどかな田園風景が思い出深い。

最近のヒットはやはりN886列車
烏魯木斎から喀什に向うこの列車は、
2階建て寝台車という変り種だった。


こうして見てみると、小生の留学情報取材ツアーは、
見方を変えると汽車旅のツアーでもあった。
そして最後を飾る列車に選んだのはやはりこれである。


D439動車組列車
南京と上海を2時間3分で結ぶ。
みなさまご存知、新幹線である。
最後ということで、1等車に乗せて頂きました!
日本でグリーン車なんて乗ったことないもんね。

車内の写真は撮ってません。
他の乗客の迷惑にもなりますし。
まぁ、ネット上にいくらでも画像は出てるでしょうしね。


以前、保定から北京西まで新幹線に乗ったのであるが、
車内はとにかく日本の新幹線と同じ。
トイレの中の手を洗う蛇口。
当然、手をかざすと自動で水が出てくるのだが、
それを示す「自動」の文字が簡体字ではなく日本の漢字のままだった。
細かいことにこだわらない国民性が、こんなところに出てました。(笑

車掌さんの対応もやはり普通の列車とは違う。
普通の列車の場合、「上海に着くの何時?」と聞くと、
「2時間後」とか、「11時(●●分はなし)」って返事が多いのだが、
この列車ではちゃんと「18時45分」という答えが返ってきた。

ただまぁ、乗客マナーは他の列車と大差ないです。
電話で話す声は普通の大きさ。
パソコンを出したと思ったら、大きな音量でDVDを再生。
えー、国民性の違い、習慣の違い、文化の違いです。
そんなこと気にしてたら海外では生きていけない!


何よりもジーンときたのはこの光景です。


新幹線



南京駅で発車を待つ新幹線の車列
この時間帯は20分の間に4本が発車するラッシュアワー。
何本もの新幹線車両が南京駅に並ぶ姿。

日本の技術が他国で活かされている、
他国で人の役に立ってるというのはけっこう良い感じでした。
技術立国としての面目躍如といいましょうか。
日本の鉄道マンにもぜひ見てもらいたい光景でした。
(言われなくてもみてらっしゃるでしょうけど。笑)


2年間に渡り、中国で暮らしてきて思ったことはいろいろありますが、
人類という種族としての共通性と、
民族・国民という種別としての相違性もその一つです。
子供が泣けば心配するし、赤ん坊が笑えば周りも笑う。
細かく神経質な日本人、大雑把でおおらかな中国人。

共通性があるがゆえに、お互い理解しあえる部分があるでしょうし、
相違性があるがゆえに、理解し合えない部分もある。
理解し合えない部分については、交流を深めて相互理解を進めればよい。
小生としては、自分にできることとして、
留学の活性化に今後もこだわっていきます。

と同時に、相違性についてはもっと活かしていけばよい。
日本人でないと出来ないことがあるだろうし、
中国人的にやったほうが効率が良いこともある。
自分が中国で留学というカテゴリーにおいて、何ができるのか。
中国人じゃなく、日本人として何ができるのか。
日本人である小生がやったほうが良いこととは何なのか。
じっくり見つめていこうと思う次第です。


17時35分、常州駅到着
前の座席のDVD兄ちゃんは倒した背もたれを戻さずに降りていった。
それを見ていた車掌のねえちゃんも背もたれを戻すことはない。

ったくもう!
小生が日本人としてできること。
まずは背もたれを戻してやるか。
ふぅ…


   (別ウインドで開きます)
お願い、押して!



    「中国留学情報」
    きっと見つかります。あなたに合った1校が!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日は「中国人がちょっとうらやましいです。。。」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-08-08(Wed) 00:04:57】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 
犬HKで中国鉄道の旅総集編をやってました。
関口何某とか言うタレントが中国の鉄道で旅する番組です。

やらせ犬HKらしい、わざとらしい中国人旅行者や、やらせ村人、さらには役者みたいなのまで出てきて番組を盛り上げます。(笑)

やはり、王九蛋様のお話の方が面白い。
本にしたらどうですか?
【2007-08-08(Wed) 22:56:26】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]

>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 その番組、日本ではけっこう好評だったようですね。
 日本人向けにおいしく作ってるんでしょうね。

 え、本?
 やめてください。
 その気になりやすいので。(笑
【2007-08-09(Thu) 00:37:00】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。