プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

中国全省162大学を網羅する留学支援サイト「中国留学情報」
取材ツアーの大半は列車での移動。
それはつまり、きっぷと鉄道制度との戦いでもあった。
はぁぁ、最後の最後までこれかよ…


拉薩から蘭州まで27時間硬座の旅
そのあとラッキーな偶然で手に入れた南京西行きK596快速列車のきっぷ
しか~し、一つ大きな問題があった。


ご主人が小生に譲ってくれたきっぷは蘭州から西安までのもの。
小生は南京まで乗って、南京で上海行きに乗り換える予定。
このままでは西安で降りなければならない。

そこでまず、目の前の払い戻し窓口で聞いてみた。
すると、
  「ここでそのきっぷを払い戻して、新たに南京までのきっぷを買え」
という回答。
これでは払い戻し手数料20%を徴収される上に、
南京までの寝台きっぷを入手できる確証もない。

次に通常のきっぷ売場に行ってみた。
すると、
  「すでに発車時刻が過ぎている列車なので、販売できない」
という。

昨日のブログを見てらっしゃらない読者諸氏に説明すると、
このK596列車、本来は蘭州12時12分発車。
ところが西北地方での大雨のために5時間遅れとなった。
小生が窓口に行ったのは14時30分。
まだ列車は蘭州駅に着いてさえいない。

そのことを説明してみたのだが、
  「仕組みとして販売できない」
という趣旨の説明がなされるのみであった。
(この窓口の女性の対応は、中国ではなかなか丁寧であった。)


ということで、蘭州から西安までの寝台きっぷを、
蘭州から南京までの寝台きっぷに変更することはできなかった。

次に駅の待合室、検札口の職員に聞いてみた。
彼女達の回答は、
  「列車に乗ってから延長の手続きをすればよい」
というものであった。
まぁ、そうするしかないよね。


さて、かなりの不安を抱えて列車に乗り込む。
最終的には何とかできるだろうとは思いつつ。


小生が乗った12号車の車掌は新人の女の子。
内容を説明しているところに、ベテラン車掌がやってきた。
彼女曰く、
  「西安に着いて誰も乗ってこなければ問題ない。
   ただ、乗ってくるかどうかは何とも言えない。
   西安に着いてから考えよう」
というものであった。
まぁ、そうだろうね。


深夜2時前、西安に到着。
新人車掌に起こされた。
言ってることがよく分からないのだが、
とりあえず、ここを空けろと言っているようだった。

しかし、誰も小生の寝台には乗ってこない。
空いているのになぜどかなければならないのか。
この寝台で南京まで延長の処理をするだけではないか。

だが、彼女の答えは、
  「車内で延長する場合は、硬座しか発券できない」
というもの。
ならば、三門峡なり、洛陽なり、鄭州なり、
途中でお客が小生の寝台に来た時点で硬座に移れば良いだろうと言ってみる。


この時の彼女の対応には切れかかった。
というか、切れたので怒鳴りつけた。

なぜか失笑するのだ。


彼女に限ったことではないが、
中国人は相手に論理的に問い詰められて、
答えに詰まった場合に笑う。
駅員に限らず、ホテルの従業員にしても、
理詰めで問い詰められた場合の対応は、
逆切れするか、無視するか、笑うかだ。
なんでかなぁ。
小生は盲目的な親中派だが、
この中国人の習性はヘドが出るほど大嫌い。


さて、新人車掌の相手をしていても進展がないので、
延長などの手続きをする列車事務所に行くことにした。
その途中の食堂車で、列車長を見つけたので、
彼女に直接話をしてみた。

彼女の説明はこうだった。
  ●蘭州駅で延長手続きができなかったのはおかしい(本来できるはず)
  ●列車内ではどの座席にどこからどこまで乗客がいるかは分からない
  ●西安発車時点で小生の席は空いているが、どこで乗ってくるか分からない
  ●したがって、小生の席で南京までの延長はできない
というもの。

その上で、できることとして次の2つを挙げた
  ●硬座で南京まで延長する
  ●乗務員用の寝台車(18号車)で南京まで延長する
後者の場合、乗務員が休息しているので、
車内では静かにしてもらいたいという注釈つき。

列車長の権限内でできることをしてくれているのだろう。
後者を選択した。


12号車から深夜の車内を荷物を引きずって18号車に移動
はぁ、バカバカしい。


で、ここからが本題なのだが、(前振り長すぎ!)
18号車に移動する途中、複数の乗務員が、
荷物を運ぶのを手伝ってくれたり、
ご協力ありがとうと言ってきたり、
という対応であった。


で、思ったのだ。
実は国際化の最前線で苦闘してるのは彼らなのかなぁと。
もちろん新人車掌の女の子のように、
何も考えてないのもいるけど。
それなりに考えている人たちは、
毎日のように乗ってくる外国人と接する中で、
諸外国の鉄道システムとのレベル差を実感しているはずだ。

列車が大雨で遅れているのに乗車券を発行できない
次にどこから乗るか分からないので延長手続きができない
寝台がいくつも空いているのに、硬座からの希望者に販売できない

毎日いろんな乗客から文句を付けられているはずだ。
もちろん、文句を言われて逆切れする車掌も少なくない。
中国鉄道部のサービスレベルは極めて低いことも事実。


けどだなぁ、
次にどこから乗ってくるかなんてことが何で分からないの。
そんなの技術的にそれほど難しいことじゃないじゃん。
宇宙飛行士飛ばしてる国だろ?


いずれにしても、
なかなか寝つきの悪い夜だった。


   (別ウインドで開きます)
応援お願いします!



    「中国留学情報」
    居留証とXビザの関係、知ってます?
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日は「この乗務員のお姉ちゃん…」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-08-07(Tue) 00:12:28】 |  Trackback(-) | Comments:(3) | [編集]

 

王九蛋 さんがんばってください!!
【2007-08-07(Tue) 21:15:11】 | URL | ごーさん #- | [編集]

そうなんですよね、鉄道のサービスは悪い!
言うことが人それぞれ違うし…。
でもたまに親切に対応してくれる人が出てくると天使のように思えてしまいます。
【2007-08-07(Tue) 23:15:44】 | URL | ゆ~しゃん #- | [編集]
>ごーさんさん
 は~い!
 がんばりま~す!!

>ゆ~しゃんさん
  http://yushan.blog58.fc2.com/
 車掌さんは話してみるとみんな良い人なんですよね。
 窓口のおばちゃんたちも、本当は良い人なんだろうけどね。
 
【2007-08-08(Wed) 00:08:15】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。