プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

中国全省の取材を終え、ホームタウン上海へ戻る留学支援サイト「中国留学情報」
最後の最後までついてない小生は、
寝台列車をキープすることが出来ず、
泣く泣く硬座のきっぷを購入。
上海行きT166列車は27時間かけて小生を蘭州へと運ぶ。


ってことで、この列車が走る拉薩から西寧までの区間が、
昨年7月に開通し、日本でも話題沸騰の青蔵鉄道です。
青は青海省、蔵は西蔵自治区を表します。
全長1,972km
標高4,500m以上の高地も多く、
世界で最も高いところを走る鉄道です。

高山病対策ということで、
車内は気圧などがコントロールされており、
各座席には酸素吸入器も付いております。

特に高地に当たる、格尓木・拉薩間は
乗客の健康を考えて、全車禁煙になります。

えー、言うまでもないことですが、
みなさん吸ってます。タバコ。

車掌さんがいないときにデッキで、
はたまたトイレで。(中学生みたい!)
最後は開き直って、平然とデッキで吸い、
車掌さんがやってきたら「ごめーん」と言いながら消します。
はい、小生もです。


で、ダフ屋まで登場している大人気、青蔵鉄道なんですが、
どーだったかというと、うーん、微妙。

確かに景色は良いのだ。
●チベット高原の雄大な草原
●遠くに見える雪山
●沿線に住む野生のヤギやヤク

良さそうでしょ。
確かに良いのよ。
キレイでなかなかの景色なのさ。

けどね、
この3つだけなのだ。
この3つだけが延々と続く。
延々と言っても半端じゃない。
格尓木から拉薩まで14時間
14時間でっせ!

いくらキレイな景色でも14時間は飽きるでしょ。
どれだけ好きでもエロビデオ14時間は見れないじゃん。


えー、1度見たら十分とよく言いますが、
小生的には青蔵鉄道、3時間乗ったら十分です。


ということで、前回のカラクリ湖に比べると、
まったく思いがこもりません。(笑
一応ビデオのっけますが、つないだだけです。
ほとんど編集してません。
字幕も申し訳程度です。
やる気ありません。(すまん!
今回は「しょうもねー」の突っ込みなしでご容赦を。。。





●人生を見つめなおしたい方
●失恋の傷をいやしたい方

ぜひ、ご乗車ください。


   (別ウインドで開きます)
愛の1クリックを!



    「中国留学情報」
    水墨画を学べる大学もあります!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日は「バスの中で突然のバトル!!」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-08-05(Sun) 15:59:59】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 
私は14時間見てても飽きないと思います。

人影が見えない広大な大地、すばらしい。
一度行ってみたいですよ。
地球という惑星を肌で感じられそうです。


【2007-08-05(Sun) 23:11:10】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]
>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 >地球という惑星を肌で感じられそうです。
 ロマンチストだったんですね。。。
 あたしゃ下世話です。
 14時間は、パース!!
【2007-08-06(Mon) 00:10:54】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。