プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

遂に中国全省・全自治区・全直轄市制覇を果たした留学支援サイト「中国留学情報」
最後の街、西蔵自治区拉薩市でゆっくり観光でも。
まずはホテルの近所にある大昭寺へ。


大昭寺前の広場です。

寺01 


両側はすべておみやげ物屋さん。
まぁ、この時点で嫌な予感はしてたのですが…


寺02 


ここからお寺の境内に入っていきます。
入場料は70元


で、ですね、
はぁ…

入場券売ってるのがお坊さんなんですが、
何というか、お釣りを投げて渡しはしないけど、
完全に事務職員のおっちゃんという感じ。
宗教家って感じがしないんだよなぁ…


中はこんな感じです。

寺03 


寺04 


寺05 


寺06 


寺07 


寺08 


色使いが鮮やかでキレイはキレイでした。


この狛犬(?)なんかも躍動感ありますよね。

寺09 



屋根の上の尖塔、よく見るとリアルな像が。

寺10 


寺11 



ところがねぇ…
よく見ていくと、こんな感じなんです。

寺12 


一見キレイな広間に見えるのですが、
端の方に物とか掃除道具とか雑然と積み上げてる。


寺の中は完全に
「きれいな仏教建築を見せる観光スポット」
になってしまってました。
宗教の場所ではないですね。


もちろん、真面目な宗教家の方もいらっしゃるでしょうし、
お寺の外では真剣に祈りをささげてる方も多数いらっしゃいました。

けどねぇ…


小生がイスラム寺院をこよなく愛する理由の一つに、
そこが現役の祈りの場所になっていることがある。

中央アジアや中東のイスラム寺院に行くと、
多くの人が中で祈りをささげている。
観光客はその邪魔をしないように見せてもらうという感じ。

ところが、仏教寺院ってちょっと違うのよね。
有名になればなるほど、中にいるのは観光客ばかり。
宗教のにおいはほとんどなく、金の臭いばかり。
大昭寺はちょっとひどすぎたなぁ。


大昭寺に限ったことではなくて、
拉薩の街自体が何というか…
宗教を食い物にしてるというか。


例えば、大昭寺の周りでは五体倒地をしている人を何人か見かけた。
小生の記憶の限りでは、五体倒地って体を地面に倒しながら、
聖地かどっかに進む修行の一つでしょ?

ところが寺の周りでやってる人は、
小生が見た限り、朝から昼までずっと同じ場所でやっている。
そして手には観光客からもらった小銭の束。
どう見ても金儲けのパフォーマンス。


あと、ポタラ宮の入場券。(ここは宗教ではないけど。)
ポタラ宮は砂でできてるそうで、
一度にたくさんの人が入ると崩壊の危険がある。
それで1日に入れる人を制限している。

当日券はほぼ100%入手不能で、
数日後分の前売り券を買うか、旅行社やダフ屋から買うか。
彼らの売値は元値(100元)の3倍、300元だそうだ。


まぁ、観光都市だからしょうがないだけどね。
一気に冷めてしまったのであった。


さぁ、気持ちを入れかえて、
明日はポタラ宮!!


   (別ウインドで開きます)
応援お願いします!



    「中国留学情報」
    日本初! 中国全土実地調査の情報サイト
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日は「拉薩の物価事情…」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-07-29(Sun) 00:04:23】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 
ダライラマがいないとお寺も中国的観光資源になってしまうのか?
【2007-07-29(Sun) 22:03:26】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]
>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 いても観光資源になってるような気が…
 だって、商売人の国だもん。

【2007-07-30(Mon) 00:04:53】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。