プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

中国の西の果てをうろつく留学支援サイト「中国留学情報」
以前も話したとおり、小生の趣味は宗教建築・遺跡めぐりである。
何と高尚な、文化の香り漂う趣味であろうか。
はぁ…(自分に嘆息)


今回の西域ツアー、取材以外の最大の目的はモスクを見ることであった。
小生、大好きなのだ。モスクが。


初日は市内最大というモスクに行ってきたのだが、

モスク01 


うーん、今一。
趣がない。


そして翌日、「香妃墓」というところにやってきた。
その名の通り、お墓のようなのだが…


ここから入り口。
ちょっと小規模だが、群青色を多用していて期待が高まる。

モスク02 



ここは礼拝所
金曜正午の礼拝の際には3,000人近くが集まるという。

モスク03 


イスラムの礼拝は一見の価値がありますよ。
みなさん本当に真剣に祈ってらっしゃいます。


こちらは別の礼拝所
柱などに装飾が施してあります。

モスク04 



柱の上部や壁の上のほうにも細かい装飾が。

モスク05 


モスク06 




さて、目的のお墓にやって来ました。
じゃーん、イスラム建築でーす。

モスク07 


モスク08 



ウラからも一枚

モスク09 


キレイですよね。
しばし見とれておりました。


この建物は緑を多用しています。

モスク10 



個人的にはやはりコバルトブルーが好きなんですが、
このグリーンもまた趣があります。


ところが、痛みがひどい。
ドーム屋根とか表面のタイルが半分以上はがれてます。

モスク11 



柱もあちこちでタイルのはがれが

モスク12 



問題は修復方法なんですよね。
イスラム建築って今まで見てきた限りでは、
左右対称が基本です。模様も含めて。
かなり精密なんですよ。

ところがここでは左右の柱で模様の位置が違ってたり、
緑とブルーの順番が逆になっていたり。


さらには素人目に見てもおかしな模様。

モスク13 


モスク14 




ということで、ちょっとばかり不完全燃焼。
やはり西域といえどもやはり中国の中。
イスラムの臭いプンプンの建築物を見るのは夢で終わりました。


ちなみに見たかったのは、こんなのです。
(2年前に中東に行ったときの写真です。)

モスク15 


モスク16 




よっしゃ。
再就職する前にもう一回、中東行ってこよ!


   (別ウインドで開きます)
寝る前に1クリック!



    「中国留学情報」
    岩手県紫波町の語学講座情報、更新しました!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日は「携帯電話の再販売…」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。

    カニチもやってます。
    ここから飛びます



中国の車窓から | 【2007-07-10(Tue) 00:05:40】 |  Trackback(-) | Comments:(5) | [編集]

 

中東のモスクはさすが本場って感じでいいですね!
異文化ってやっぱり面白い!!
【2007-07-10(Tue) 01:09:20】 | URL | ゆ~しゃん #- | [編集]
>ゆ~しゃんさん
  http://yushan.blog58.fc2.com/
 これは確か、イランのエスファハーンだったと思います。
 本場はさすがですね。
 今までのベストは、やはりウズベクのサマルカンドです!
【2007-07-10(Tue) 14:50:51】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

中東のモスクには代々続く専門のタイル師などがいて、継続的に補修を繰り返していると聞いたことがあります。

最近は治安の悪化などもあり、うまくいっているのか心配ではありますが。。。

中国内のモスクは補修も中国式になってしまうということでしょうか?
【2007-07-10(Tue) 22:48:15】 | URL | コッシ~ #klq26XPE | [編集]
は何か接着材のような物で貼り付けてあるのでしょうか?
【2007-07-10(Tue) 22:56:24】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]
>コッシ~さん
 代々続く専門のタイル師!
 それは初耳です。
 補修の状態を見る限り、う~ん、Chinaって感じでした。
 はぁ・・・

>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 何で着けてるのかは分からないのですが、
 テキトーにつけたって感じでした。
 はぁ・・・
【2007-07-12(Thu) 00:54:27】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。