プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ども、王九蛋です。
上海駅を出てすでに3時間、ここはどこ?

ビザを上海で取ることを諦めた失意のジャーナリストは、香港へ向うことにしました。
480HK$で6ヶ月マルチFビザをゲットするために。
ついでに華南地区の取材をしてくる2週間の旅です。
今回、ジャーナリストを南へと運ぶのはK99列車。広州東駅行きです。
この列車は香港九龍行きのK101列車とペアで、一日おきの運行。
小生が乗った日はK99列車の運行日でした。
上海を出たのが11時24分。翌朝広州東着は10時51分。ほぼ24時間です。

で、今は3時前。
3時間ちょっとの間、ジャーナリストが何をしていたかといいますと、
今日からスタート、韓国語の勉強です。
東アジアを股にかける国際派ジャーナリストを目指す小生にとって、最後のハードル。
半年でマスターして、来春は北朝鮮に観光旅行のつもり。
ハングルは入り口は簡単。
3時間もあれば、ハングルの読みはバッチリOKになります。


ところで、広大な中国を駆け巡る鉄道は、自然と長時間運行になります。
夜行列車も多く、中には目的地まで48時間なんて列車もある。
この長旅を中国人の多くはどう過ごしているかというと、
   寝てる。
   ずっと。
   ただひたすら。

うちのコンパートメント6人のうち、3人は熟睡中。
1人は熟睡から目が覚めて一休み中。(寝て起きて一休み?)
他の寝台も同じような状況で、乗客の半分近くは寝ている。
繰り返しますが、発車時刻は11時24分です。
そういえば、おととい上海から乗った青島行き夜行列車も同様だった。
こちらは午後1時発車。乗客の7割は熟睡中でした。
車掌さんも心得たもので、今日乗った列車は発車から1時間くらいは音楽を流していましたが、
「そろそろお客様の迷惑になりますので、放送を終了します。」と途中でやめてしまった。

貧乏性の日本人ジャーナリストはこの24時間を有効活用するために、
昨日からどの本を持ち込もうかとセレクトに余念がなかったのだが、
大陸の諸君はただひたすら、睡眠。
気になるのは今夜だ。
昼からスーパー熟睡の彼らは今夜寝付くことができるのか?
注目の夜まであと6時間。
興味津々のジャーナリストの横で、彼らは熟睡中。


    中国留学情報よろしく♪
    

    こっちもポチッと、お願いです!
    
 

中国の車窓から | 【2006-11-14(Tue) 08:13:40】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

 

上海駅から???。。。おととい青島???...今は、広州に、向かってる?...どちらも、上海から、飛行機で、行きました。青島は、研修生の事で、行きます。広州は、コロンビアに、荷物を出してくれるシッパーが、います。列車で寝ていると、泥棒が、多いと聞いていますが、どうですか???
【2006-11-14(Tue) 12:28:33】 | URL | 上海リアル #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。