プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ついに西域に足を踏み入れた留学支援サイト「中国留学情報」
思えば小学生の頃にNHKスペシャル「シルクロード」を見て以来、
いつかこの目で見てやろうと思い描いて十数年(さりげなくサバを読む)、
莫高窟は目の前にある。


敦煌駅は改築工事の真っ最中。
掘っ立て小屋のような駅舎を出ると、
観光ツアーに誘うおっちゃんたちが群がる。

観光スポットを4つくらい回って40元とのこと。
うーん、これは悪くないなぁと思ったのだが、
やはりあこがれ続けた莫高窟。
時間に追われずにじっくりと見たい。
個人で行くことにする。


駅から莫高窟までは車で20分ほど。
タクシーで行くと20元とのことだ。
まぁこれも妥当なところだろうが、
金のない小生は迷うことなくバス。
駅を出て左手の莫高窟に向う一本道でバスを拾う。
運賃5元。

敦煌01 

まっすぐに伸びるこの道の先に、悠久の歴史が眠っている。


ほどなく到着。
入場券を買いに、
!!え? マジ?
お値段ズバリ160元(中国人価格)
こんな高い入場料見たことない!
一瞬帰ろうかと思ったが…

なお、11月から04月までは閑散期料金で半額です。
チープな皆の衆はぜひ、この時期に!


中に入る前にまずは休憩。
心地よい木陰で小一時間ボーっとする。

敦煌02 


小生の旅はどこに行ってもこんな感じ。
わがままだからツアーは向いてない。


そしてついに、中に入ることとなったのだ!

ここで大問題発生。
というか、莫高窟観光の仕組みをご紹介。


莫高窟って岩壁に穴がポコポコ開いてて、
そこを自由にのぞいて行くってイメージないですか?
ちがったんすよ。

個人のお客さんはゲートの前でしばし待たされます。
10人くらい集まったら中に入れられます。
で、この10人にガイドさんが1人つきます。
ガイドさんに引率されて団体行動なんです。

中に入って懐中電灯で壁画などを照らしながら、
あーじゃ、こーじゃと解説してくれる。
これがずっと続いていきます。


さらに、莫高窟ってこんな感じに岩肌に穴なんですが、

敦煌03 


そのすべてにサッシの扉がついてて、
例外なく鍵がかけられています。

敦煌04 


その鍵を持ってるのがガイドさん。
要は金魚のフンのようにガイドさんについてって、
鍵を開けてもらって中でウンチクを聞かされ、
そしてまた次の穴へってわけなんです。

まぁしょうがないんでしょうね。
文化財保護の見地から考えれば。
フルオープンにしちゃうと、絶対出てくるでしょうからね。
落書きとかする輩が。


とは言ってもホットミルクの次に団体行動がキライな小生。
適当にブラブラ歩いて穴の前でしばし待つ。
団体さんがやってきたらあとにくっついて一緒に入る。
わけの分からん動きをはじめました。

敦煌05 


敦煌06 


敦煌07 



ところがさらに大問題発生。
敦煌って写真撮影一切禁止だったんです。
なんでもフラッシュの光が壁画に影響するってことで。


ということでですね、
まったくお伝えできないんですよ。中の様子。
この中にもでかい大仏さんとかいるんですけど。

敦煌08 


敦煌09 


とは言うものの、さすがにまったく手ぶらってのも何かと思い、
入り口すぐ横で常に日に晒されてるものならばと、
適当な自己判断で2枚だけこそっと撮ってきました。
関係者の方、申し訳ない。お目こぼしを。

敦煌10 


敦煌11 


なんかエイエイオーって具合で良い感じです。


で、結局、敦煌ってどうだったの?と言われるとですねぇ…
  ●暗くてよく見えない。
  ●一人で好き勝手に見れない
  ●同じような感じなので、だんだん飽きてくる
ってのが不満要素です。
もちろんキレイはキレイで感動モノではあるのですが、
うーん、テレビで見たほうが良いかも?


なんとなく消化不良で終わった憧れの莫高窟でしたが、
まぁ、とりあえず現物この目で見れましたからね。
ありがたいことです!


バスに揺られてひとまず敦煌市内に入ります。運賃8元。
途中の景色が爽快でした。
莫高窟の写真をお届けできませんでしたので、
こちらでご勘弁を。

敦煌12 


敦煌13 


敦煌14 


敦煌15 



   (別ウインドで開きます)
応援お願いします!
blogランキングもとりあえず100位以内に!!



    「中国留学情報」
    烏魯木斎市の大学を紹介中です!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日は「砂漠を見てふと思う…」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。

    カニチもやってます!
    「社会人の留学ノウハウ」シリーズ
    今日は「奨学金の活用」についてです!!
    ここから飛びます



中国の車窓から | 【2007-06-29(Fri) 00:34:03】 |  Trackback(-) | Comments:(5) | [編集]

 

コンクリートでガチガチに固められてるからがっかりしたっていう話は聞いたことあるんですよ。
かなり厳重に守られてるんですね。
【2007-06-29(Fri) 13:54:15】 | URL | ゆ~しゃん #- | [編集]
いいな~。
シルクロ-ドの臭いがする。
やっぱり中国見るならこの辺ですね。
写真沢山見させてもらって、ありがとうございます。
【2007-06-29(Fri) 22:32:43】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]

今はカメラの持ち込みが出来るのですね。
90年代に行ったときには、カメラ預け所に預けて、
はじめて入場できました。
ですから、写真は外から、正面の七層伽藍前で、
撮ったのだけでした。
【2007-06-29(Fri) 22:45:10】 | URL | KM #NscJhb76 | [編集]

なかなか良いところですね。しかし鍵をいちいちはずして中に入るのですか、厳重なんですなさすが中国と言った感じがあります。王九蛋さんと違って私は行っても帰って来れないかもしれませんのでツアーの方が良いかもしれません。
【2007-06-30(Sat) 01:50:04】 | URL | ごーさん #LkZag.iM | [編集]
>ゆ~しゃんさん
 何というか、自由まったくなし。
 けっこうフラストレーションたまりました。

>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 でしょ。やっぱこれっすよね!
 日本人にとってはこれが This is 中国!

>KMさん
  http://km45.spaces.live.com/
 どもども、お久しぶりです!
 カバンとかは持ち込み禁止で預けさせられたんですが、
 カメラはお咎めなしでした。

>ごーさんさん
  http://junice.blog25.fc2.com/
 いやいや。
 私的には天文学的にアバウトな中国が、
 何ゆえこんなに厳重に!って感じです。
 
【2007-06-30(Sat) 02:38:29】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。