プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

最近、土日は観光ばかりで働いてない留学支援サイト「中国留学情報」
おかげで動画の編集はたまるばかりである。
うー、やばい…


さてさて、呼和浩特市の取材を最悪の結果で終えた小生。
気分転換というわけでもないが、
内蒙古の草原に出向くこととした。
そう、昨日の半べそねぇちゃんの旅行会社である。

旅行内容はというと…
  ●朝8時にホテルまで迎えに来てくれて、
  ●2時間弱かけて草原まで移動
  ●それからお馬さんに乗って草原を満喫(別料金)
  ●途中で草原の民家に立ち寄りお茶をご馳走に
  ●乗馬を終えてからモンゴル料理に舌鼓
  ●食後に酒と歌を振舞われ
  ●馬のレースと蒙古相撲を鑑賞
  ●市内に戻って民芸用品工場を見学
  ●夕方ホテルに送り届けてもらっておしまい

どーです。
なんと充実!
なんと盛りだくさん!
なんとゴージャス!(死語?)

これでお値段、
なんとたったの180元!!

奥さん!
すごいでしょ!!


なーんて小生が信じるわけないじゃん。
今まで散々痛い目に合ってるからね。
小生としては草原を見て馬に乗れればそれで良いのだ。
あいにく草原まで行く公共交通機関はない。
往復4時間弱ということはバスで換算して100元
昼飯がまぁ20元
時間つぶしのしょうもないイベントが30元
残り20元は彼らの手数料として割り切りましょう。


ってことで、当日の朝、車が迎えに来た。
軽自動車のワゴン。
お寿司屋さんの出前に使うようなやつだ。
これでお客を拾っていって、バスに乗せかえるのだと思ったが、
なんのことはない、これで草原まで行くのだった。
やれやれ…
結果的には狭い室内が奏功して、みんな仲良くなって良かったのだが。

同行者となったのは、
黒龍江省牡丹江市から出張に来たおっちゃん2人組
北京から遊びに来た四川出身のおねぇちゃん
バックパッカー放浪中の28歳アルゼンチン人
そして日本国籍上海人で無職ニートの小生

すごいよね、この顔ぶれ。
中国の東北の端と西南の端
日本人と地球の裏側アルゼンチン人


軽自動車は恐れていたほどは揺れずに草原へと着いた。
が、
これが寒いのなんのって!
人民解放軍が着るような分厚いロングコートを借りました。(30元)


そしてお馬さん。
料金は1時間50元
まぁ、こんなもんやろうね。
つまらん寺の拝観料が30~80元って国だから。
我々が参加したのは2時間コース。
ガイドのおっちゃんの馬代も加算されるという
なかなか強引なシステムで、総額120元
結果から言うと、大満足でした。
天文学的にセコイ小生が言うんだから間違いない。


小生が乗ったのはこの子です。

草原1 


みんなおっかなびっくりで馬にまたがり、
ガイドのおっちゃんのあとに続きます。
小生、乗馬は生まれてはじめての乗馬であったのだが、
いやぁ、ケツが痛い。
ケンシロウの如く、「アタタタタター!」と叫ぶこと数知れず。

けど、そうとう楽しかったです。
また乗ってみたいですね。お馬さん。


途中で蒙古族の民家に到着。
ミルクティを頂きました。
えー、あってもなくてもどうでもいいプログラムでした。


その民家の前にほどよい草原が。
みんなでゾロゾロ見に行くと、
待ってました!とばかりにおばちゃん登場。

「はいはい、お兄ちゃん、これ着て記念撮影してね♪」
ほ?何これ?
「蒙古族の民族衣装。これを着たら気分はチンギスハーン!あはーん!」
いらんよ小生、こんなもの。
「何言ってるの、お友達も着てるじゃない。」

ふと見ると黒龍江省の出張族がニコニコとチンギスハーンになっている。
しゃあないなぁ、付き合うか。

おばちゃん、いくら?
「はいはい、ありがとうね。5元よ。」
5元ねぇ、ま、いいか。
「あー、ちょっとちょっとお兄ちゃん、帽子は別料金。プラス5元ね。」

見事に10元使ってしまった。
やるなぁ、このおばちゃん。


ってことで、黒龍江出身のチンギスハーンです。

草原2 


商売上手なおばちゃんと別れたご一行様。
馬に揺られて帰途に着きます。
ってことで、ここで草原の写真です。
今回、スーパーいまいち。ご勘弁!

草原3 


草原4 


草原5 



実は内蒙古農大の先生から言われてはいたのだ。
ここしばらく呼和浩特周辺では雨が降ってないので、
草原は緑じゃなくて茶色だよと。

またシーズン的にちょっと早かったらしい。
ガイドのねぇちゃん曰く、一番キレイなのは7・8月らしい。
草が多く生えてるところでもこんなもんだったもんね。

草原6 



ただ、どこまでも雄大に続く草原を見ていると、
こんな大きな景色に包まれて生活すると、
どんな人生観になるのかなぁとか、
この大地を大昔の人たちは駆け回っていたのかなぁとか、
いろいろ考えながら乗馬するのはなかなか気持ちのよいものであった。

また、この草原が緑に包まれて、
真っ青な空が背景になるとどんなにキレイだろうと。
想像するだけでもウキウキするのであった。

写真がまずくて本当に申し訳ないのですが、
この草原はおすすめです。
ぜひ、もっと良い季節に訪れてみてください。
(なお、輝騰錫勒草原ってのが一番キレイだそうです。)


ちなみに、蒙古料理、馬のレース、蒙古相撲などなど、
言うまでもないことですが、どーでもいい内容でした。
ツアー代金180元、オーバーコート30元、乗馬代120元、
安っぽいモンゴル衣装10元、総額340元でしたが、
小生的には過去の観光の中で最も満足度が高いものでした。


ということで、内蒙古をあとにした小生。
次の目的地は寧夏自治区銀川。
そして、蘭州、敦煌、トルファン、ウルムチ。
目指すは西、シルクロードの彼方へ!

草原7 

行くぜ西域、応援よろしく!
(別ウインドで開きます)


    「中国留学情報」
    寧夏大学の留学情報アップしました!
     (別ウインドで開きます)


    mixiでも日記やってます。
    今日は「豊かな人生…」
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。

    カニチもはじめてみました。
    僭越ながら、社会人の留学論を論じております。
    今日は「時間と労力を配分しよう!」
    ここから飛びます



中国の車窓から | 【2007-06-21(Thu) 01:26:57】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 

壮大な高原での乗馬は、最高ですね。。。最近俺も上海にどっぷりと言う感じです。。。今すぐ、上海でのパートナーと一緒に、行きたくなりました...ラッキーハーバーでの土産話楽しみにしています。
【2007-06-21(Thu) 03:15:50】 | URL | 上海リアル #- | [編集]
>上海リアルさん
  http://shanghaireal.blog34.fc2.com/
 7・8月が一番良いみたいです。
 ぜひ、ハニーと一緒に行ってください!
 
【2007-06-22(Fri) 01:40:16】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。