プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

不覚じゃ! 掲載大学数149校の留学支援サイト「中国留学情報」
なぜあと1校取材できなかったのか。
149と150じゃ全然イメージが違うじゃん。

そういえばサラリーマンの頃、先輩によく言われたよなぁ。
  予算99%で終わるくらいなら首吊って死ね。
  99と100じゃ天と地ほど違うわい!
  99で終わるくらいなら80で終わったほうがまだましじゃ!!
うーむ、おっしゃる通り。


で、149校目となったのが浙江省杭州市にある浙江科技学院
キャンパスは杭州市の西の果てにある。
東の果てにある杭州東駅で列車を降りた小生は、
迎えに来てくれた車で1時間揺られることとなった。


最近やたらと多いのだ。
市の果てにある大学が。
中国は国を挙げて高等教育の強化に力を入れているわけだが、
それに商売上手の国民性もあいまって、
各地の大学が大幅な定員増を打ち出した。

定員増するじゃない。
学生増えるでしょ。
2・3年もすればキャンパス一杯になっちゃうよね。
ってことで郊外に移動。
そして、どの大学も巨大な新キャンパスを建設するのだ。


まぁこれの広いのなんのって。
どの大学行っても福岡ドーム何個分って感じ。
中国の郊外大学に比べれば、
清華や北大や復旦なんてウサギ小屋。
我が母校、上海財経なんてマッチ箱やね。


ただ、小生はこの動きには大反対なのだ。
まぁ一度見てもらいたい。
広場とか草っ原とかがどれだけ多いか。
また教室がフル回転してる大学なんてほとんど見たことない。
どう考えても作りすぎ。
事務系の部屋もまぁ広々。

そして図書館。
中国の大学で一番大きく立派な建物はほとんどの場合が図書館。
どの大学もランドマークとして図書館を作ってるようだ。
とにかくデカイ。
で、入ってみると得てして本棚がスカスカなのだ。
専門分野によって違うのだが、ひどいところでは半分も埋まってない。
将来に備えるんだか知らないが、どう考えても無駄が多いように思うのだ。


もちろん国民性の違いを無視するわけにはいかない。
細かく精巧にを指向する日本人の価値観で、
大きいことは良いことだー!の中国人を判断するのは横暴だろう。

けどねぇ、
目立つ問題としては、中国では未就学児童がいまだに多い。
また日本ではあまり知られていないが、ここ数年大学の学費は上がり続けている。
見栄だか、大学の威厳だかしらないけど、
今の中国教育部に無駄遣いする余地はないと思うんだけどなぁ…



    「中国留学情報」
     (別ウインドで開きます)

    こっちもポチッと
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。


    カニチもはじめてみました。
    留学ネタで日記書いてみます。
    いつまで続くかちょっと自信ないですけど。
    招待状必要な方はご遠慮なく。
    ここから飛びます
 


中国の車窓から | 【2007-06-08(Fri) 00:09:26】 |  Trackback(-) | Comments:(4) | [編集]

 

昔の日本では駅と大学は金かけて造れと言われてたそうです。
駅は街の顔。
大学は立派な建物で崇高な精神の元に勉強する。その大学がバラック小屋みたいな安っぽいものになった結果、学生も先生も安っぽくなってしまった。
そう嘆いている方がいました。
確かに昔の建物って立派ですもんね。
【2007-06-08(Fri) 00:25:37】 | URL | ゆ~しゃん #- | [編集]
1999年、教育部は高等教育拡大政策を実施しはじめました。高度成長中の中国経済での高級人材不足要請に応えるためです。これを受けて、各大学は急拡張に走ります。この結果、2002年の卒業生133.7万人が、2003年には187.7万人と、以前の伸び率10%以下だったのが、なんと40%以上も増加したのです。これ以降も、2004年239.1万人、2005年306.8万人、2006年413万人と、年率20%強以上という急拡大なのです。当然ながら、いくら中国が高度成長中とはいえ、求人が追いつきません。今や、中国の大学生の就職戦線は超氷河期で、社会問題化しています。
この拡大策は高等教育の大衆化をもたらすとともに、国・地方がこれに伴う十分な予算措置を取っていないこともあいまり、学生の質の低下をまねいています。
今や、大学生の初任給はこれらのことで低下しており、学費の値上がりを勘案すると、中等専門学校レベルの方がよいかとも思えるようになりつつあります。

【2007-06-08(Fri) 09:45:16】 | URL | KM #NscJhb76 | [編集]
中国工場には大学から研修生が送り込まれてくる。
図面を書かせてみるがどうも今市日光。
なんか、教え方間違ってるみたい。

それでいて指摘すると反論が永遠に続く。
かえってお金がなくて大学に行けなかった高卒者の方が素直に従う。
【2007-06-08(Fri) 19:05:38】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]
>ゆ~しゃんさん
 なるほどね。それは一理あり。
 建物はともかくとして、広すぎ!
 もうちょっとコンパクトにしてくれた方が、
 取材する側としては助かるのですが…

>KMさん
  http://km45.spaces.live.com/
 この前も大学の先生から、
 大卒はもはや特別の人ではなくなった
 と言われました。
 高級人材の増強自体はあるべき方向性だと思いますが、
 なにせ中国は何事もスピードが速いですからね。
 バランスが欠けた場合の問題の拡大も
 超スピードで進んでしまいます。

>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 あぁ、それなんとなく分かる気がする。
 学歴と気位が高いだけに
 かえって使いづらいですよね。
 
【2007-06-09(Sat) 13:28:58】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。