プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

桂林観光だけで4日もブログを引っ張る留学支援サイト「中国留学情報」
だって上海に戻ったらネタ切れまちがいなしだもんね。
次の華北ツアーまで華南ネタで引っ張るのだ!


はてさて、12時をかなりすぎて出てきた昼食については語りたくない。
簡単に述べておくと、過去中国で食べた食事の中で、
これほど食べる人を惨めな思いにさせるものはなかった。
府中刑務所の囚人でももうちょっと良いもの食ってるに違いない。
リバウンドしたホリエモンに食わせてやりたい。


揚堤という街の手前からいかにも桂林という景色が広がってきた。
ということで、3日間引っ張らせて頂きました。
桂林の本番です。
ごゆっくりお楽しみください。



桂林14 


桂林15 


桂林16 


桂林17 


桂林18 


桂林19 


桂林20 


桂林21 


桂林22 


桂林23 


桂林24 



いかがでおまっしゃろか?

つくづく思ったのだが、これを白と黒で描こうと思いついた人ってすごいよね。
どう見ても白と黒じゃないのに、
これほど白と黒が似合う風景もないだろう。
昔の人に感服。


さてさて、じゃぁ結局どうだったの桂林は?
と問われると、これが微妙なのである。

確かにキレイだった。
景色はなかなかよかった。
のんびりと落ち着いた時間を過ごせた。
それはそれでよかったのだ。

けどだねぇ…
いわゆるガイドブックに載ってるような風景はというと
うーん、あの写真はどこから撮ったのだーって感じ。
過度な期待を持つとちょっと期待はずれかもしれない。


それとこの川下り船
全行程4時間半なのだが、そのうち桂林らしい光景が続くのは
揚堤から興坪鎮までの2時間ほど。
残りの時間、特に興坪鎮を過ぎてからの2時間近くは
とにかく退屈の一言に尽きるだろう。
小生は根っからの関西人。
イラチ、せっかち、短気に、ドケチなのだが、
ボーっとするのはわりと得意。
そうでない人にはちょっと後半はつらいかもしれない。


そういえば前日に見た中国のあるサイトには次のように書いていた。

  桂林漓江観光の見所は揚堤から興坪鎮の区間に集中しています。
  高い銭出して粗末なメシの観光船に乗るのはおバカさんでーす。
  直接、揚堤に行って、興坪鎮までを楽しむのがお利口さんよ♪
  揚堤や興坪鎮には勝手に営業している非合法観光船がゾロゾロお待ち!
  1人50元程度で乗せてくれるし、漁船を改造した小さな船だから、
  大きな観光船より川下りの臨場感が楽しめちゃう。
  みんなも50元で小さな船に乗って、
  観光船に乗ってるおバカさんたちを指さして笑ってあげましょうね♪


うー、そういえばすれ違った小船の数々。
乗客が小生の方を指さして笑っていたような気が…


複雑な気持ちの小生を乗せた船は陽朔の船着場へと

桂林25 


2階にタダでアップグレード
ラッキー気分だったんだけどなぁ

桂林26 



陽朔の街は予想通り。
古い町並みの中身はおみやげ物屋の商業集積であった。
とっとと街のバスターミナルへ。
15元の高速バスで桂林へと戻るのであった。

さぁて、ホテルに戻って明日の取材準備だ!



    「中国留学情報」
    桂林の大学情報掲載しました!
     (別ウインドで開きます)

    こっちもポチッと
    ベスト10入りにご協力を!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    今日はビーフンねた
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。


※ブログのストーリー、文章構成の都合で、
 景色や通過点、食事の順序などを改編しています。
 ブログの文章、写真の順序と、実際の漓江川下りとは異なります。
 ご了承ください。
 王九蛋



中国の車窓から | 【2007-06-02(Sat) 10:26:36】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

 
私も船に乗りましたが、結構、楽しめましたよ~
確かに、安い船ではなかったですが・・・
ずっと、同じ風景が続くので、後半は飽きると言えば飽きますがね。
【2007-06-03(Sun) 00:43:02】 | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns | [編集]
>浪漫飛行さん
  http://mustclub.blog85.fc2.com/
 高い船は船内にカラオケがあるそうですが?
 まぁ、ゆったりとした時間を買うのも旅の醍醐味ですからね。

【2007-06-03(Sun) 00:51:20】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。