プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

桂林の大学の取材を前に観光を楽しむ留学支援サイト「中国留学情報」
前振りが長くなりすぎていささか恐縮であったが、
桂林観光の本題、写真集である。


桂林といえば山水画に描かれる風景画が有名である。
カルスト台地が浸食されてできたものだ。
小生はてっきりあの景色が桂林市内に延々と広がっていると思っていたのだが、
実はそうではなかった。
桂林市を流れる漓江の下流こそがあの世界なのである。


ひょんなことから2階席をゲットした貧乏ジャーナリスト。
普段の行いがこういう結果を呼び込んだことは
誰の目にも明らかであろう。
期待を込めて船着場へ。

桂林01 



船の中を一通り見学して2階席へ。
メンバーは20代後半と思しき女性2人組
20代前半のカップル
50代のおっちゃん、60代のおばちゃん各1名
広州からやってきた野郎7人組
そして小生の合計14名である。

20代後半の女性2人組
なかなか大人っぽい美しさで、
片方はお笑い芸人の妻、藤原紀香を彷彿とさせる。
うーん、なかなかよろしいのでは、と思った瞬間、
彼女の脇から脇毛がはみ出した。
はい、さようなら。


野郎7人組はさっそくトランプを始める。
麗しき脇毛ペアはメールを始める。
若いカップルはヒマワリの種を食べ始める。
おっちゃんとおばちゃんは寝始める。
小生は彼らにあきれ始める。
お前ら、何しに来たんや?


20元を無駄に使う彼らを残し、
小生はデッキへと。

周囲には早くもおなじみの景色が広がり始める。

桂林02 


桂林04 


行く手に広がるカルスト地形の山々
期待に胸が膨らむのであった。

桂林03 



ようやくデッキに人が集まり始めた頃、
長い年月を重ねて漓江に浸食されたであろう、
険しい崖が両岸にそびえ立ち始めた。

桂林05 


桂林06 


九馬画山
桂林07 

9匹の馬が描かれているように見えるとのこと。
そのように見えなかったことは言うまでもない。


切り立った崖の壁面をよく見ると、

桂林09 


キレイな平面ではなく、何か突き出したような感じに

桂林08 


カルスト地形の正体はいうまでもなく石灰岩である。
水に溶けやすい石灰岩であるがゆえに、桂林のような地形ができるのだが、
溶け出した石灰質は再凝固する。
鍾乳洞を思い出せば分かるとおり、時としてそれはツララのような形状を創り出す。
切り立った崖に突き出すこれらもまた、
悠久の歴史の中でこのような姿になるに至った
かつての断崖の組成子なのだろう。

冠岩
桂林10 

一部はこのような穴を穿っている。


ところどころにある岸辺では牛が草を食む。

桂林12 


と思ったら、牛は牛でも大きな角をもつ水牛であった。

桂林13 

水浴びでもしてるのかと思ったがさにあらず。
水中に生える水草を食べているのである。

時刻はちょうど昼時
彼らの姿を見ていると、小生の腹もそろそろ何やらを欲してきた。

桂林11 

船の後部ではコックが面倒くさそうに料理の真っ最中。
さてさて、何が出てくるのやら…



    「中国留学情報」
     (別ウインドで開きます)

    こっちもポチッと
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-06-01(Fri) 12:59:42】 |  Trackback(-) | Comments:(5) | [編集]

 

桂林っていいとこね。中国国民の私はまだ行ったことありません。でも、写真を堪能しました。ほんとに「桂林山水甲天下」ですかね。
【2007-06-01(Fri) 20:37:38】 | URL | yangyang #- | [編集]
>yangyangさん
 いやいや、こんなもんじゃ終わりません。
 本番はこれからです。
 明日のブログにご期待!

【2007-06-01(Fri) 21:51:03】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]
やっぱり、桂林は良いですよね~
私もまだアップしていない桂林写真が沢山あります。
そのうちに・・・


私も、綺麗な女性の腋毛には引きますね。
【2007-06-02(Sat) 00:39:35】 | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns | [編集]
結婚出来んよっ!
注:国際結婚に限らず(笑)

えぇ、やん・・・
脇毛くらいw

by諦めの境地に達したchobebi
【2007-06-02(Sat) 00:50:05】 | URL | chobebi #0TdGthtk | [編集]
>浪漫飛行さん
  http://mustclub.blog85.fc2.com/
 おぉ!同士よ!!
 北京五輪までに中国女性の脇毛を撲滅しましょう。

>chobebiさん
  http://chobebi.exblog.jp/
 いやや、僕は絶対にいやや!
 僕はまだ結婚に夢と理想を持っている!!!


おいおい、みんなちょっと待てよ。
桂林ネタやぞ、今日は。
なんで、脇毛談義になるねん?

【2007-06-02(Sat) 01:22:00】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。