プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

昆明をあとにした留学支援サイト「中国留学情報」
振り返って気付いたのだが、昆明には昆明の特徴があった。


まず、涼しい。
これはなかなか大したものなのだ。
5月下旬にもかかわらず、最低気温が12度だったり、
最高気温も上がってもせいぜい27度程度。
日中は雲が出ていれば薄手のシャツ1枚ではちょっと肌寒いくらい。
ジャンパーとかデニムのジャケットを着ている人が多かった。

一般家庭はおろか大学の事務所、安いホテルにもエアコンはない。
冬用の暖気すらないのだ。
さすが春都と呼ばれるだけのことはある。

ちょっと調べてみてビックリしたのだが、
真夏でも哈尓濱よりも最高気温、平均気温ともに低いのだ。
ベトナム、ミャンマーなどと国境を接するから
すっかり亜熱帯のイメージがあったのだが。

となると、熱さが苦手なじいさん、ばあさんが
夏場の短期留学なんてのも好いかと思ったのだが、
残念ながらこれはできない。
雲南大学はじめ多くの先生方も残念がっていたが、
省政府の決定で昨年から51才以上の人は
留学受入れが禁止になったとのこと。
なんでも高地なので老人の健康面を考慮してのことらしい。


食べ物ではやはりビーフン
麦ではなく米を原料とした麺だ。
ベトナムのフォーなどと同源だろう。

小生も何度か食してみたが、うーん、苦手。
ぬるっとヌメッとで口に合わない。

ちなみにこのビーフン、中国南方ではよく目にするのだが、
地域ごとに違いがあるように感じる。
先月訪れた四川省、重慶市では「米粉」と呼ぶが、
ここ雲南では「米線」と呼ぶ。
また雲南のもののほうが麺が太い。


大学の学食で困ったのは、現金支払がまったくできない。
中国の大学ではほとんどの学食はプリペイド方式のカード払いだ。
ただ、学内に1ヶ所くらいは現金払いができたり、
金券を買って料理を頼めたりできる。
ここ雲南省ではまったく現金が使えなかった。


立ち食いがこれほどメジャーなのも雲南だけだろう。
どういう意味かというと、
学食や大学近所の食堂で食事を買う。
ご飯の上におかずを載せるぶっかけ飯がほとんどで、
プラスチックの容器や、持ち込んだホーローの丼などに入れてもらう。
で、歩きながらこれを食べているのだ。

こういう光景は中国いたるところで見ることは見るが、
ここまで一般的で、ごくごく普通なのはこの街が初めてだった。


欧米人の留学生が非常に多いのも特徴だろう。
上海や北京の大学では欧米人を普通に見かけるが、
それ以外の地方都市ではそれほど多く目にすることはない。
欧米系が目立つとすれば黒龍江省のロシア人くらいだろう。

普通はどこにいっても韓国人
続いて中国周辺諸国が続く。
特徴を挙げるならば、広東省はインドネシア人が多く、
広西ではベトナム人が圧倒的に多い。
陝西省ではカザフなど中央アジアが目立ってくる。
いずれにしても欧米人が目立つことはない。

ところが雲南ではあちらこちらの大学で欧米人を目にする。
気候のよい過ごしやすい昆明に留学しに来てるのだろう。
日本人はほとんど見ない。
雲南省全域で恐らく50人程度だろう。

北京、上海以外にも良い留学先はいくらでもあるんだけどなぁ…



    「中国留学情報」
    貴州省に来ています。
     (別ウインドで開きます)

    ポチッと応援よろしくです!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-05-24(Thu) 17:06:54】 |  Trackback(-) | Comments:(1) | [編集]

 

おっと。。。この51才受けいれ拒否は、
雲南だけですか?
それから、これは数えですかね。。。満ですかね。
該当する人は、このあたり微妙ですから。

いずれにしても、私は引っかかるな。。。。
【2007-05-25(Fri) 00:41:56】 | URL | 大閘蟹 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。