プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

初日は麗江で玉龍雪山と古城観光。
その日の夜遅く大理に到着。
大理石で有名なあの大理である。

いやぁ、最悪だわ。この街。


まず泊まったホテルが最悪。
タクシーの運ちゃんにホテルの名を告げると、
「あぁ、知ってるよ。四つ星ホテルの向かい側ね。」
もしもし、向かい側?
四つ星じゃないわけね。

着いてみるとやはりであった。
サイコロと同じ、4の反対側は3
限りなく2に近い三つ星である。

フロントのねぇちゃんたちの対応は非常に良かったのだが、
泊まった部屋はなんと美容室の隣。
ご存知の通り中国で三つ星レベルの美容室は
いわゆるそれである。
その向きのお姉さま方の待機場所なのである。

普通、美容室とかマッサージとかカラオケクラブなどは
1階か2階にまとめているものである。
なぜ5階、しかも一般客室の隣。

部屋に入ってあたふたとネット接続→ブログ書き
このときは日付(日本の)が変わるまで数十分であせってた。
そんな時にさっそくお姉さまからお電話でお誘い。

「マッサージどうですか、おにぃさ~ん♪」
ねぇちゃん、小生の隣の部屋からかけてきてるやろ?
「えー、どうして知ってるの?」
あのね、あんたの声、受話器以外からも聞こえてるの!

壁が薄くてすべて聞こえてくるのである。


さらに、今度はカラオケ攻撃。
大声で歌う声が聞こえてくるので何事かと窓の外を見る。
なんと、向かいのビルの4階がカラオケクラブ。

しかもこんなときに限って
小生の知ってる歌を次々に歌ってくれる。
気が散ってしょうがない。


隣のお姉さまの電話攻撃を撃退し、安心したのもつかの間。
暇をもてあましたお姉さま方がマージャンを始めた。


ジャラジャラ+絶叫歌声のツインパワー。
双方の営業が終わったのは1時半だった。


気を取り直して翌朝、大理古城に出向く。
昨日の麗江古城と同じく、昔の町並みが残っているらしい。
宋代だったと思うが、西南に覇をなした大理国のあった場所。

ところがだ、これがまぁーしょうもないのなんのって。
建物自体も大したことないし、さらにすべて商店。
お土産屋さん以外にも普通の洋服屋とか雑貨屋とか、
とにかくムードも何にも無し。


さらに有名な三塔もスーパー期待はずれ。
観光客を呼ぶために豪華絢爛に作りました見え見え。


ってことで、良い印象ゼロの大理でした。



    「中国留学情報」
    今日、貴州省貴陽に到着しました。
     (別ウインドで開きます)

    こっちもポチッとお願いします。
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-05-23(Wed) 23:09:54】 |  Trackback(-) | Comments:(4) | [編集]

 

うむ。。。かくも神聖なる麗江と大理をコケにしたブログもめずらしや。。。
週末行こうとおもったけど、チベットにしようかな。
などとけなげに嘆いておりますが、まそれはそれ。
きっと王九蛋さんは、辛い食べ物と、冷たいビール
に巡り会えなかったということもあるのだろうと
善意? に考えて、検証の旅に行ってみましょう。
でも、この大理で4星の向かいの3星。。。
さがそっと。
【2007-05-24(Thu) 01:00:09】 | URL | 大閘蟹 #- | [編集]
 lanhuaの友人、xiangです。中国には一度行ったことがありますが、・・・そうですか。そういう「裏」も、あるんですね・・・。すごく歴史を大事にしている国だと思っていたので、予想外です。やっぱりそういうのって何処の国にもあるのかな・・・。
 さて。友人lanhuaですが、最近ブログが更新できないようですが本人はいたって元気な様子です。詳細は、よろしければわたくしのブログ「不可思議なコウのピンぼけ眼鏡」に飛んでいただいて、5月23日付の「私にできること。」を読んでいただければと思います。それでは失礼致します。
【2007-05-24(Thu) 02:51:57】 | URL | xiang #- | [編集]

もしかして、基準が「奈良」? と思ったり(^^;

まぁ、そうでなくても、中国を旅する場合、
「その場所に行った」ということこそが、
最も価値あることになるかもしれませんね。

蒙古族の進入で「国」を亡くしたところでも、
トルファンの古城は「遺跡」でした。
物売りの、少女の日本語がたいへんに美しくて
いろいろな意味で閉口しました。

できれば昔のままに保存しておいてもらいたいですね。
どんなに迫力がなくても、派手さがなくても、つまらなくても。
【2007-05-24(Thu) 10:23:38】 | URL | YUKIKO #- | [編集]
> 大閘蟹さん
 あのホテルだけはやめたほうが…
 間違いなく過去ワースト1です。

>xiangさん
  http://koutaryou.cocolog-nifty.com/blog/
 あらあら、lanhuaさんパソコントラブルですか。
 IMFいじったら使えると思うんだけど…

>YUKIKOさん
 奈良も似たようなものですよね。
 昔っぽい奈良町なんてもはや猿沢池と
 三条通の南側しか残ってないんじゃないかなぁ…

【2007-05-24(Thu) 17:54:44】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。