プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

本来ならば土日もホテルに閉じこもり、動画編集などの作業をこなす
生真面目な留学支援サイト「中国留学情報」
せっかくの雲南省なので観光へ出てみた。

さて、麗江市の最大の観光スポット、麗江古城である。
ユネスコの世界文化遺産にも指定されているこの古城は
古代から続くナシ族の街らしい。
古城といっても姫路城のような城ではない。
中国語の「城」は時に「街」を意味する。


でですねぇ、結論から言いますと、期待はずれ。
正直なところあまり期待してなかったから、期待通りなんだろうけど。
まぁとにかく、観光客と土産物屋だらけ。
上海の豫園がデカクなったようなもの。
完全にテーマパークに堕落してしまっており、
本物志向の小生としては、ティッシュペーパーでくるんで
上海港に沈めてしまいたいくらいなのだ。


まぁそうは言ってもせっかく来たんですからね。
なんか探してみましょうや。
こういうときの鉄則、人のいないところに進む。
大通りから脇道へ、そのまた脇道へと進み入る。

ほぉら、あった。

01裏通りへ1


尾道、倉敷系というべきか

02裏通りへ2


白壁が小道沿いに連なる

屋根瓦もどことなく日本に通じるものが
03屋根


日本人のルーツは雲南省にあるという学説もある。
確かにこれらの白壁や、郊外の稲田を見ると、さありなんと思うのだが、
家々の門構えにはやはり中華文化を感じさせる。

04門1


05門2


ここ麗江古城は観光地であると同時に
今も人々が生活する現役の街である。

麗江古城の街中にある小学校
06小学校


校門の脇には小学校らしく
毛沢東主席の「好好学習、天天向上」の標語が書かれている。
07天天向上1


見ると漢字の下にはナシ族の文字でも書かれている。
08天天向上2


古い建物は今だ現役で、銀行の他、普通の小売店にも使われている。
09小売店

えーっと、ここのおばちゃん、態度悪かった。(笑


さらに小さな脇道の奥へと進む。
10さらに奥へ


ここでは共産党支部も古い建物の中にある。
11中共支部


さらに奥へ
12もっと奥へ




13すきまから空




14また空



古い建物はホテルとしても使われている。
ここ麗江では小さな庶民向けホテルを「客線」と呼ぶ。
15客線


欧米からの観光客も多く、
彼ら向けの喫茶店にも使われている。
16茶店1


17茶店2


街の中には小さな川が流れている。
18川筋1


その両側には土産物屋などが軒を連ねる。
19川筋2


古城の中心部には「四万院」と呼ばれる広場がある。
20四万院


ここは完全に観光スポットと堕している。
ナシ族の衣装を撮影用にレンタルする商売が大盛況。



おばあちゃん2人でパシャ!
21記念撮影


彼女とパシャ
22彼女とパシャ


家族でパシャ
23家族とパシャ



どうもなじめないんだよねぇ、
こういうスーパー商業主義観光地は。



ってことで、また脇道に入る。
24また裏通りへ



ほぉら、見つけた。
生活の息吹。


みんなで水遊びだじょー
25水遊び


兄弟でお散歩
「おにいちゃん、待つでち!」
26お兄ちゃん待つでち


「疲れたでち…」
27疲れたでち


「どうしたでちか?」
28どうしまちた?



作り物になってしまった古代の町並み
子供と犬が一番自然体だった。



    「中国留学情報」
    雲南省の取材が終了です。
     (別ウインドで開きます)

    こっちもポチッと!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。




中国の車窓から | 【2007-05-22(Tue) 03:04:28】 |  Trackback(-) | Comments:(7) | [編集]

 
なんだか文化や歴史をどうとらえるかの文化の
違いなんだろうか。
この数年、あちこちの街が、世界遺産に指定されると急に、ぜんぶ「ぶっ壊して」、一夜城のごとく
新しい、でも1000年前からこうでした、てな街に
生まれ変わってしまう。
う~ ん 丽江よ、お前もか。。。。。
【2007-05-22(Tue) 08:25:28】 | URL | 大閘蟹 #- | [編集]

ほんとに日本みたいですね。
空の青さや木々の緑の深さまで。
日本の城下町チックです。

あっ「城」なのか。

観光客ばかりだと情緒も何も無いですよね。
結局自分も“観光”に行くわけなんですが。


【2007-05-22(Tue) 10:57:26】 | URL | コッシ~ #klq26XPE | [編集]
>大閘蟹さん
 観光開発せずに昔のままにしとけってのは
 観光客のエゴなんでしょうけどね。
 あたしゃマイナーな国の古い寺でも探します。

>コッシ~さん
 裏道を歩くとけっこう良い感じではありました。
 大理古城は裏道すらなく、オール観光地。
 ふぅ・・・

【2007-05-23(Wed) 12:26:45】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]
に近い文字ですね。
ナシ族の宗教も後継者がいなくなってしまっているって、前にCSの特集で見ました。
中国の観光地をみるより、普通の村の生活を見るほうが中国を知るには良いかと思います。

【2007-05-23(Wed) 18:43:04】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]
>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 まったく同感です。
 正直なところ街をぶらついてる方がおもしろいですね。

【2007-05-24(Thu) 17:20:17】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]
北京放浪記でよくお目にかかります。
訪問は初めてです。
とても興味深いブログですねぇ~!
麗江は、一度訪れてみたい街です。
何かの写真で見たときから・・・。
テレビで、街のお掃除を水を流してやるみたいですが、実際見たことありますか?
【2007-05-27(Sun) 22:31:39】 | URL | マル #h7EVwjRM | [編集]
>マルさん
  http://pekinwalker.jugem.jp/
 ども!はじめまして。
 麗江、表通りはともかく、裏通りは良かったですよ。
 水流しお掃除は初耳です。
 確かに地形的にはできそうでしたけど。

【2007-05-28(Mon) 00:19:45】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。