プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

雲南省昆明市で取材中の「中国留学情報」
たまには土日くらいゆっくりするか、ということで観光に出てみた。
目指すは麗江である。

麗江は玉龍雪山と麗江古城で有名である。
昨日きっぷ売りのおばちゃんに教えてもらったんだけどね。


ということで、きっぷの話である。
貧乏が染み付いている、いやいや、コスト意識の高い小生は、
例え観光であっても最も安い方法を探索するのである。


まず昆明から麗江までですが、バスだと11時間かかるそうです。
今回は時間がなかったので、異例中の異例で飛行機を使いました。
一番安いのはやはり四川航空のようです。
私は前日の夕方という信じられない時間に買ったため、
正規運賃530元+燃料費その他100元=630元のところを、
若干割引が効いて500元ジャストでした。

が、しかし、もしもっと安くということでしたら、
四川航空のホームページからネット予約を使ってください。
調べた限り、最安値は運賃210元+燃料費その他100元=310元です。
これだと11時間の夜行バスより魅力ありますよね。


さて次に麗江の空港から市内まで。
これは簡単で、出口のすぐ左手から中国民航と書いたバスが出てます。
15元です。


さてさてこのあたりから大幅ディスカウント。
民航の運ちゃんに聞くと、玉龍雪山へのバス乗り場は斜め向かいと言われるのですが、
ここから出るのは軽自動車のワゴンで、1日貸切120元と言われました。
(これ自体安すぎるように思うけど。)
ただ1人旅ならば、やはり高いですよね。

そこで、9番の路線バスに乗って、紅太陽広場で降りる。
そこから7番の路線バスに乗り換えると、35分で玉龍雪山に着きます。
バス代はわずか10元です。


観光地=ツアーでってのも悪くないのですが、
ほとんどの観光地には公共のバスが通っています。
万里の長城、黄河、兵馬俑などなど。
おすすめです♪



    あれ?
    今日はきっぷだけで終わってしまった。
     (別ウインドで開きます)

    ポチッと応援お願いします。
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



中国の車窓から | 【2007-05-19(Sat) 23:19:22】 |  Trackback(-) | Comments:(3) | [編集]

 

分かりやすい案内感謝。。。

貸し切りワゴンがビール数本分で乗れるのに
ビールをとるか。。。
さすが王九蛋。


【2007-05-20(Sun) 09:13:03】 | URL | 大閘蟹 #- | [編集]
>大閘蟹さん
 何言ってるんですか。
 120元あればこっちではビールの大瓶40本買えますよ!

【2007-05-20(Sun) 21:30:45】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

そうだね。。。うちの向かいのスーパーも
3元だ。。。冷蔵庫いりだぞ~

しかし、連日30度 ちょっと暑い
やはり、ビール40本だな。。。
確かに
【2007-05-21(Mon) 02:15:56】 | URL | 大閘蟹 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。