プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

はぁ、やんなっちゃうよね。
中国を脱出したというのに、相変わらずきっぷに悩まされる。
俺の前世は切符切りのハサミだったのか?


今週末から東京往復。
新幹線は帰省ラッシュで超満員だろう。
バスで往復することにした。

夜行バスは小生のお気に入りツールである。
  1.安い(新幹線の半額)
  2.寝てる間に目的地に着く
  3.朝早く着くので一日を有効に使える。
疲れるという方もいらっしゃるだろうが、
硬座20時間制覇の小生にとって、夜行バスなど屁でもない。


奈良交通に電話。


しまった。
ゴールデンウィークじゃん。
新幹線が超満員なのに、バスが空いてるわけがない。
満席である。


酒癖の悪さと、往生際の悪さには定評がある小生。(うそうそ)
ネット上で悪戦苦闘を重ねること30分。
ようやく京都→東京便に空席を見つけた。

速攻、JRバスに電話。


すいませーん、京都→東京なんすけど、空いてますよね。
「はい、お席ございます。」
ラッキー♪


ふと、考え込む。
帰りも東京→京都か。
京都から近鉄で奈良までって面倒だよなぁ。
だったら、帰りは東京→奈良に乗るか。
いやいや、待てよ、
そうなると行きと帰りでルートが違うから、
往復割引料金にならねぇんじゃないの?


あの、かくかくしかじかすってんころりんなんすけど、
行きは京都→東京、帰りは東京→奈良で往復割引にする方法あります?
我ながら恥ずかしげもなく聞くものだ。
JRのおねぇちゃん返答していわく
「はい、ございます。」
え、え、どうするの?

「はい、行きは京都発東京行きのバス、帰りは東京発京都経由奈良行きのバスにご乗車ください。
 その際、乗車券は京都・東京の往復乗車券をお買い求めください。
 その上で乗車の際に、京都から奈良まで乗り越すと運転手にお伝えください。
 東京→京都と東京→奈良の通常運賃の差額220円をその場でお支払いただければ、
 奈良までご乗車いただけます。」


なんと、予約センターのおねぇちゃんが裏技を教えてくれるのだ。
どーです、みなさん、
中国じゃありえないよ。この対応。


さらにさらに、
じゃぁ、それでお願いしまーす。予約ってことで。
「お客様、このお電話でご予約されますか?」
いいっすよ。
「インターネットでご予約いただくと、割引料金になりますが。」


はぁ、感動のため息。


事件はさらに続く。
ネットで予約をしたのだが、
予約完了のあとの画面で、「予約票をご乗車の際にお持ちください」と。
どうやらプリントアウトして持参しないといけないらしい。

ところが、家人がまったくもってITに疎いもので、
実家にはプリンターなるものがない。
またまた電話。


どもー。かくかくしかじかすたこらさっさなんすけど…
「あの、お近くのご友人でプリンターお持ちの方は?」
いやそれが、中学卒業してから全くの疎遠でしてねぇ。
「それではケータイを予約票代わりに使う方法があるのですが」
はぁ、チャイナモバイル使えないっすよねぇ?

アホみたいなやり取りがしばらく続き、
おねぇちゃん、何やら周囲とご相談。

「お客様お待たせしました。
 今回については予約内容その他すべてをドライバーにこちらから伝えておきます。
 決済に使われたカードと、身分証明書をお持ちください。」

え、それでいいっすか?
「はい、連絡をしておきます。」
すんませんねぇ、お手数おかけしました。
「いえいえ、こちらこそご不便おかけしました。
 ご利用ありがとうございました。
 お気をつけてご出発ください。」


感動で涙が止まらない。


どーです、みなさ~ん。
中国だったら800%間違いなく、「不会,没办法!」で終わってるよ。


はぁ、やっぱ日本やね。
サービス関係は。



    太原理工大学、動画アップしました。
     (別ウインドで開きます)

    サービスのつもりでご協力を!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

 

中国の車窓から | 【2007-05-04(Fri) 18:17:14】 |  Trackback(-) | Comments:(7) | [編集]

 
日本の対応は涙ものですね。(笑)


【2007-05-04(Fri) 20:04:19】 | URL | とんじい #8W8GAba2 | [編集]

サービスに関して、日本は世界の先端をいきますからね。つい先日帰国して、いろいろな面で、日本っていいな、と再確認している日々です(笑)
【2007-05-05(Sat) 09:13:14】 | URL | lanhua #- | [編集]
>とんじいさん
  http://emjes.blog14.fc2.com/
 おっしゃる通り。
 あふれ出る涙を押しとどめることが出来ません。

>lanhuaさん
 サービスだけは絶対に負けないですね。
 欧米を旅行しても、やっぱり日本には勝てないと思います。

【2007-05-05(Sat) 10:02:22】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]
やっぱり、サービスは日本に限りますね~
中国だと、『知りません』『出来ません』ですから・・・
【2007-05-05(Sat) 10:09:01】 | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns | [編集]
>浪漫飛行さん
  http://mustclub.blog85.fc2.com/
 中国も徐々に良くなってはきてますし、
 教育とマニュアルで改善はされていくのでしょうが。
 やはり体に染み付いたホスピタリティの精神は
 日本人が世界に誇るべきDNAでしょうね。
 これからも守っていきたいものです。

【2007-05-05(Sat) 10:41:42】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

そうですよ日本は世界一サービスの行き届いた国なんです。中国も最近は一時に比べて少しはましになっているのですがまだまだ駄目です。
【2007-05-05(Sat) 16:00:57】 | URL | ごーさん #- | [編集]
>ごーさんさん
  http://junice.blog25.fc2.com/
 おっしゃる通り。
 この分野については、世界で日本に勝てる国はないでしょうね。
 がんばれ、ニッポン!

【2007-05-05(Sat) 20:06:55】 | URL | 王九蛋です。 #- | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。