プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

むっちゃ忙しい。
ブログを書く暇もなく、危うく2月から続けている
連続執筆記録が途切れそうになった。
あわてて書き書き。


なぜ忙しいかというと、ここ数日来、
掲載情報の更新作業をしているからだ。
史上最強の中国留学支援サイト「中国留学情報」は情報の鮮度にこだわっている。
昨年夏から半年かけて取材した情報はすべて06年秋学期のもの。
すでに07年春学期はスタートしているので、
各大学にメールで今の状況を問合せて更新していく。

掲載137大学で、新情報が帰ってきたのが14大学。
無名の弱小サイト相手に10%が返答してくれたんだから、
まぁ、上出来なんだろう。
90%の大学に対しては、うーん、くそっ!

今後の過密スケジュールを考えると今しかないということで、
自治体主催の中国語講座情報の更新も並行して行っている。
北海道から沖縄まで約1,500自治体にメールを送って、
新しい情報を連絡してもらう。
こっちは3月にも一度調査してるからね。
それほど多くはない。

ってことで、てんてこ舞いなのだ。


各大学からやってくるデータを集計していく。
あれ?
およよ?
はて?

留学生数が減っている。
一部の大学を除いて、判で押したように減っているのだ。


思い当たる確実な理由は2つある。

一つは、今が春学期だからだ。
日本と韓国を除いて、新学期のスタートは9月が世界標準。
9月から半年留学した学生が帰国したので減ったのだろう。

もう一つは、留学生が減って困ってる大学くらいしか、
我が弱小サイトを相手にしてくれない、
という、情けないが実に説得力のある理由。


ただねぇ… 本当に減ってきてるような気もするのさ。


中国ではごく一部のメジャー大学を除いて、
ここ5年間、大半の大学で日本人留学生が減り続けていることをご存知だろうか?
あくまでも私が取材をした範囲でのことなのだが、
多くの大学の先生方は03年以降減り続けているという。

03年は言うまでもなく、SARSが起こった年だ。
この年は中国ほぼすべての大学で留学生が減った。
明暗を分けるのはこの翌年以降で、
大手メジャーは順調に学生数を復活させ続けているのに、
非メジャーは減少傾向に歯止めがかからないというのだ。


なぜか?
分かんないんだけどね。
先生方と話してる限りは、03年を境に中国留学の主役が
仲介業者になったことに原因の一端がありそうなのだ。
それまでは自分で連絡して自力で来る学生とか、
協力関係にある日本の大学の紹介とか、交換留学生とか、
以前留学したことがある人からの紹介が多かったのに、
そういうのがほとんどなくなっちゃったんだって。

SARSが契機で中国の留学はある程度のリスクがあるぞ、
みたいな認識が広がって、
危ないからちゃんとした業者さんに仲介してもらおう、
ってなムードになってしまったのかなぁ?

仲介業者としては広い中国のあっちこっちにネットワーク貼って
数多くの大学に分散仲介するより、
北京と上海に事務所構えて、がっちり協力関係作った
一部の大学に集中仲介したほうが業務効率は良いだろうからね。

それにやっぱり大都市のメジャー大学の方が学生も安心するし。
仲介業者がいくら「良い大学ですよ!」って言っても
チチハル大学と北京大学だったら安心感が違いすぎるよね。
チチ大とか学費安いし、こじんまりしてるし、悪くないんだけどね。
(あ、チチ大、メールの返事くれてない!)


こうしてブログを書いている間にも、
江西省のとある大学から情報が送られてきた。
中国人は働かないとか、定時にとっとと帰るとか言われるが、
いやいや、夜10時過ぎても頑張ってる先生方もいるのさ。

頑張ってるのに無名だから努力が報われない。
そんなことがあってはいけない。
仲介業者が学生を送り込まないなら、
俺が送り込んでやる。
くそっ。



    自治体の語学講座で中国語デビューしませんか?
    あなたの街でもやってるかも。
     (別ウインドで開きます)

    私→中国の大学を応援
    あなた→私を応援!
     (別ウインドで開きます)

    やべっ! mixiの連続書込みが。(汗
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

 


つれづれなる上海 | 【2007-04-27(Fri) 23:29:04】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

 

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。