プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ども。ビザ切れの危機に瀕する土俵際ジャーナリスト王九蛋です。
東北3省取材ツアーを振り返る東北アーカイブ。
第6回の今日は吉林省長春市です。
この町も哈尓濱同様、人情味あふれる良い町だったのですが、
強制帰国の危機に怯える小心者ジャーナリスト。
今日は明るい文体で書く気力がございません。ブルーかまして一筆。




吉林省長春市、人口300万を抱えるこの町は吉林省の省都であり、文化、経済の中心である。
旧満州国時代には新京と名乗り、満蒙開拓の最前線として一時代を築いた。
町には今もなお、往時を偲ばせる放射状に延びた街路など、
旧帝国の野望を秘めた都市計画の跡が散見できる。
その町にもやはり、夕暮れは訪れる。

長春駅へと向かうバスは、異邦人である私を含め乗客は約20人。
半数ほどの席が埋まっている。
勤め帰りの労働者、赤子を抱いた老婦、
大きな荷物を抱えた老人は今夜は硬座で北へと旅立つのか。
それぞれの想いを車軸に捉え、小さなバスは西へと向かう。
北の大地の夕陽に導かれ、進路は紅に染まる。

「スプッ」気の抜けた音と軽い揺れのあとに、突如バスは歩みを止めた。
誰も声を上げない。じっと前を見たまま、時が過ぎるのを待つ。
エンストだ。バッテリーが上がったのか。
そのうち何とかなるだろう。
夕陽はまだ地平線の彼方で小さなバスを待ってくれている。

「走吧!」車掌の男と若い青年が車外に出た。
しばらくすると、急にバスが不自然に動き出した。押しがけだ。
「そういえば、学生時代に原付でやったよなぁ」
遠い昔を想い起こすうちに、バスはまた軽やかに走り出した。

地平線に待つ夕陽に向かって、車内は何事もなかったかのように静寂を保つ。
家路に着く者、新たなる明日へと向かう者、あてどなくさまよう異邦人。
それぞれの想いを、それぞれの夢を、それぞれの不安を小さな車体に積み込み、
バスは西へと向かう。

長春駅につく頃、夕陽は姿を消していた。
あたりは見上げれば天空にかすかな紅を残し、
足元には北の大地の漆黒の闇が忍び寄っていた。
それぞれが、それぞれの道へと赴く。
家路へ、明日へ、そして・・・


あれ!
車掌と青年は?
え?

君は何処へ?



    中国留学情報よろしく♪
    

    こっちもポチッと、哀れみの一押しをお願いしますだぁ。
    


次回予告・・・「ラブホテル」
 

中国の車窓から | 【2006-10-18(Wed) 18:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

 

ビザの件で、相談乗りましょうか???...上海マニラクラブの近くです。私のブログの51yoasobiをクリックして下さい...プロモーター橋本として、電話番号入れてます。
【2006-10-18(Wed) 23:28:57】 | URL | 上海リアル #- | [編集]

ゆ~しゃんさんのところから流れてきました。わてと同じテンプレをお使いの方に会うのは、コレが2人目です。さらに、物書き。わてと同じ出す。コレは、運命の出会いでしょうか。よろしかったら、どうぞリンクさせて下さい。
【2006-10-18(Wed) 23:42:22】 | URL | みりん #- | [編集]
こんにはちは!昨日はお越し下さいまして
ありがとうございました!

中国とアメリカではとても距離が
離れていますね。でも、ブログなら
ひとっとびです!

楽しい中国日記ですね!
ところで「走吧!」とは
なんと読むのでしょう?
【2006-10-19(Thu) 03:50:28】 | URL | 会社辞めてアメリカに賭けました。 #6facQlv. | [編集]

- コメントの投稿 -




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。