プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

成都からバスで2時間
小さな田舎町、雅安
四川農大がなければ、絶対来ることがない街。


「雅魚、雅女、雅雨」
雅安の三つの名物とのこと。
魚が美味くて、美女と雨が多い。

雅:yaの3声
言葉遊びやね。


ド田舎だけありまして。
こんなのが現役でバリバリ走ってます。

トラジ1 


トラジ2 





    応援お願いします!
      

    「中国留学情報」
    四川農業大学の情報、更新しました!
    

    日本語教師の求人、掲載しました!
    「中国で日本語教師になりたい」



スポンサーサイト
「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-31(Mon) 22:43:04】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

成都で泊まったのは七斗星というビジネスホテルチェーン
新南門というバスターミナルの近所で便利がよかったし、
以前、南寧で泊まった時、けっこう良かったから。

フロントの対応もなかなか親切で良い感じ。
エレベーターがけっこうボロが来てたけど、
別に宿泊に影響があるわけではない。

部屋に入る。


げっ、出た!


シャワー1 


部屋の真ん中にガラスの筒

シャワー2 


ガラスの周りが照明で照らされるようになっている。
何か分かります、これ?

シャワー3 


なんとこれ、シャワーなのである。


部屋のど真ん中にガラス製の円筒シャワールーム
わけ分からん。
ラブホじゃないんだしさ。
つうか、シャワー浴びてるとこ、別に見たくないっしょ。
小生は見せたくない。


中国のホテルには
たまにこういったわけの分からない趣向が施されてある。
実用にまったく意味のない、
何を狙ってるのか分からない代物が。

ネットのホテル評価サイトとか見てると、
こういったものを「おもしろい」と評する中国人もけっこういて、
中国人の趣向には合ってるのかもしれないけど。

さすがに円筒シャワールームは意味ないでしょ。


こんなアホなことをしているホテルに将来があるわけがない。
七斗星チェーンは昨年秋、
業界最大手の如家酒店に買収されてしまったのである。

名前は如家七斗星と変わったものの、
名物の円筒シャワーは残ったまま。

ガラスの円筒に名残を残し、
七つの星は流れ星の如く消え去ったのであった。




    応援お願いします!
      

    「中国留学情報」
    華北電力大学の情報、更新しました!
    

    山西省の日本語教師求人情報、新規掲載しました!
    「中国で日本語教師になりたい」




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-30(Sun) 23:25:08】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

市内を流れる錦江
そのほとりのあちこちで見られたのが、この標語

入水1 


自殺はやめようね♪
ってな意味なんだろう。


この標語のすぐ横には
必ずのようにこれがある。

入水2 


階段下りて自殺するやつは
さすがにいないと思うのだが…


つうか、飛び込むより覚悟いるぞ。



     
    応援お願いします!
      

    「中国留学情報」
    華北電力大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-29(Sat) 22:44:09】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

質素倹約質実剛健を旨とする小生ではあるが。
なにせイトーヨーカドーなんて見つけちゃった日には。

成都にはヨーカドーがある。
ついでに伊勢丹も。

ふらふらと店に吸い込まれ、
ふらふらと手が伸びておりました。

久々の日本食であります。


IYサラダ 


サラダ(6元)
生野菜なんて食べたの、何ヶ月ぶりかな。
シャキシャキでござる。


IYすし 


お寿司(19.8元)
美しい。ただひたぶるに美しい。
醤油とわさびもついております。
はぁ。生きてて良かった。


IYビール 


スーパードライ(7.5元)
やっぱこれッス。
切れ味抜群ッス。
ずばり辛口ッス。
日ハムの中田ッス。


しめて33.3元
1週間分の昼飯代に相当。笑

美味かったッス。
中田ッス。




    「中国留学情報」
    山西師範大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-27(Thu) 23:47:54】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

おっと、おとうさん
カジキマグロとバトルですか?
がんばれー!

たこ 


そんなわけはない。
以前、江西省南昌市で皆の衆に紹介した通り、
中国人はなんだかよくわからないが凧揚げが好き。
成都では巨大なリールのようなものを使っていた。

たかが凧揚げに
何故そこまでの情熱を。


中国生活まもなく丸3年
理解できない部分、いまだ広大なり。




    「中国留学情報」
    咸陽師範学院の情報、新規掲載しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-26(Wed) 23:55:40】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

成都市中心部を流れる錦江
両岸に柳が植えられている。

春の風に流されて
そよそよ揺れる萌黄色

トランプ1 


そのたもとで
静かに時を過ごす初老の男性達
春色に染まった成都の街に何を思うのか

トランプ2 


なんてわけないよね。
ご想像通り。
トランプゲームに熱中です。


あんたらには
風情なんて感覚はないのか!


ねぇよな。笑




    「中国留学情報」
    西安建築科技大学の情報、新規掲載しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-25(Tue) 23:51:06】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

成都はすっかり春
川沿いの並木道をそぞろ歩き

すでに花の季節到来

花・木蓮 


これは木蓮かな?

日本人にはやっぱりこちら

花・桜 


市内のあちこちというわけではないが
所々に桜が植えられている。

花・桜アップ 


春天来了!




    「中国留学情報」
    西安建築科技大学の情報、新規掲載しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-24(Mon) 21:38:01】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

列車のきっぷは早め早めに買う習慣をつけている。
油断してるとすぐに売り切れちゃうから。
発売は乗車日の10日前から。
さて、駅まで買いに行こうか。


西安→臨汾
乗車時間は約5時間

小生的に昼間はお仕事タイムである。
列車の中でもパソコンを開いて事務処理を進めたい。

昼間の列車だから乗るのは硬座か軟座
周囲の興味津々の視線を浴びるのは必定
イヤだなぁ。


それがイヤなので、
昼間の2時間以上の移動は
基本的に長距離バスにしている。
バスだと周りからジロジロ見られることないし。

ところが、西安→臨汾
ネット上でいくら探しても10時30分発1本しか出てこない。
致し方なく列車に乗ることにし、
駅に買いに行こうと思ったのだが。

やっぱイヤだなぁ。
そうだ、
西安のバスターミナルに電話で聞いてみるか。


ネットで電話番号を調べてかけてみる。
すると…
「お客様がおかけになった番号は現在使われておりません。」


だよね。
変だと思ったんだよ。
番号が7桁しかない。

最近中国では電話回線が足りなくなってきて、
市内局番を7桁から8桁に増やす地域が増えている。
西安ほどの大都市が未だに7桁のわけがない。

ところが、
ネットでいくら調べても同じ7桁の番号しか出てこない。


はて、どうしたものか。
あ、そだ。
西安の地図に番号が載ってるかもしれない。

地図を広げてみると、あったあった。
早速かけてみる。

「へ、バス? 何? あんた掛け間違ってるよ。」

ふぅ、予想通り。


別のバスターミナルに電話して
長距離バスターミナルの電話を聞き出す。
ようやく目的の番号ゲット。


あ、もしもし、長距離バスターミナルでござるか?
「はい、そうですよ。」
あのですね、小生、訳あって臨汾に行きたいのじゃが。
「はいはい、ご自由に行ってちょうだい。じゃぁねぇ~」
いやいや。太原行きのバスって途中で臨汾停まりますかね?
「停まるわけないでしょ。ストレートトゥーザ太原よ。」
だよねぇ。けど臨汾行きって10時30分の1本しかないでしょ。
「30分に1本あるわよ。」
へ?
「30分に1本」
あるの?
「あるわよ。」
うそ。
「ホント」

一気に問題解決。


一言で言うと、ネットの情報が間違っていたのだが。
問題はだ、
長距離バスに関するあらゆるサイトが間違っていたこと。
もっと言うと、
あらゆるサイトの情報がまったく同じであったこと。
さらに本質を言うと、

中国のネット情報って、コピー情報がほぼ99%なのだ。


どこかのサイトがバスの時刻表を掲載する。
すると、
あっちこっちのサイトが
それをそっくりそのままコピーする。

情報を取って自社で再アレンジするのではなく、
そのまんま、コピペする。

そして、コピーしたが最後、
更新など行われるわけがない。


このため、どこか1社が不正確ながらも
見た目が良さ気で便利そうな情報を掲載すると、
その情報がネット上でスーパー繁殖する。
そして、それが永遠に流され続ける。

だからバスの時刻なんてトコトンの信頼はできないし、
一昔前の電話番号もいつまでたっても更新されない。

仮に、大本のサイトが情報更新しても、
コピーしたサイトがそれを定期的にチェックして、
自サイトの内容を更新するなんて期待できるわけがない。


何もこういうことって中国に限ったわけではなく、
日本でもあることはある。

ただ、それにしても、
中国のネット情報コピーはひどすぎ。


必死にいろいろ調べて情報サイトを作ったとしても、
勝手にすぐにあっちこっちでコピーされてしまう。

じゃあ、必死になって作る気になるわけがない。
だから情報サイトの質がいつまでたっても向上しない。


中国のネットユーザーもそれに気付き始めたのか。
最近では日本の「はてな」みたいな
ネット上で個々人が質問、回答をするサイトが盛況になってきている。


ちょっと中国の方々に意識改革を求めたいなぁ。
小生、危うく硬座5時間になるところだったよ。




    「中国留学情報」
    西安建築科技大学の情報、新規掲載しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-23(Sun) 22:18:37】 |  Trackback(-) | Comments:(3) | [編集]

成都で週末を過ごすことになった。
小生の中国ベリーグッドシティランキングで
桂林と並んで高順位につける街。
成都だいすき♪

フロントのおねぇちゃんに
どっか面白いところがあるかと聞く。
「錦里古街」

古い中国の町並みを再現しているとのこと。
特に予定もないので行ってみる。


市内のバスに揺られて30分
到着。

入り口の佇まいを見てイヤな予感。
これはいわゆる…

錦里入り口 


中に入って確信。

錦里街並み 


はぁ、もういいよ、これ。
古い街並みを復元して、
そこにズラッと土産物屋や食い物屋が並ぶ。

錦里食べ物 


錦里切り紙 


上海の七宝老街を初めて見た時は面白いと思ったけど、
麗江とか大理とか
中国あっちこっちの老街とか古城とか、どこ行っても同じ。

商業主義丸出しで趣も風情も何もない。
どこか1つ見れば十分。


うわ、出た。

錦里スタバ 


もういいよ。




    「中国留学情報」
    咸陽師範学院の情報、新規掲載しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」


「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-22(Sat) 21:33:47】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

何の因果でこんな田舎町に来てるのか。
長距離バスを降りてタバコに火をつける小生。

何の因果でこんな坊主頭のおっさんを受入れないかんのか。
タバコの煙にむせ返る南充の空。


四川省東北部南充市
西華師範大学の日本語教師以外に日本人はいない。
なーんもない地方都市。

こんな地方都市にもビジネスホテルは進出している。
中央大手ではなく地方新興ホテルが。
この日投宿したのは
四川省成都市を中心に出店を進める
地方資本の新興ビジネスホテルチェーンである。


でですね、
こういう新興チェーンって悪くはないのよ。
何も考えずに大手のマネをするから。
それなりに大手に近いサービス内容だったりするわけ。

ところが、何も考えずに真似すりゃいいのに、
変なところでオリジナリティを出そうとしたりする。


部屋についてパソコンを開く。
手元が暗いなぁ。
頭上の電灯を点けようとする。

あれこれスイッチを押してみる。
点かない。

机に登って電球が切れてるのか見てみる。
切れてる様子はない。


はて?


廊下で服務員のおばちゃんの気配がする。
ドアを開けておばちゃんを呼ぶ。


おばちゃん、電気点かないんだけど。
「えーっと、あ、この机の上の。」
そうそう、手元暗いのよ。
「このスイッチかね?」
それダメだったよ。
「じゃあこれ?」
って、おばちゃん、小生に聞かんでよ。


あれこれパチパチ動かしてみるが点かない。
しばらくしておばちゃんが思い出したかのようにのたまう。


「あ、そうそう。」
なになに?
「これね、」
うん。
「飾り。」
へ?
「飾りなの。」
飾り?
「うん、見た目良い感じでしょ?」


出たぁ~
地方のビジネスホテルでよくあるのだ。
実用性にまったく意味のない
見た目ゴージャスにさせるためだけの装飾。

けど、
机の上のランプでするか?普通?


なんか仕事のリズムが狂うてしもうた。
恐縮仕切りのおばちゃんを後にして、外に買い物に出る。

フロントでも念のため聞いてみる。
「すいません、ただの飾りなんですよ。」
ふぅ…


部屋に戻ってしばらくすると、
扉をノックする音が。

開けるとさっきのおばちゃん。
手には小さな電気スタンドが。
暗いだろうからこれを使ってくれとのこと。


システムの不備を人の思いやりでカバーする。
まぁ、良いんじゃないの。
それもありでしょ。


電気スタンド 


机の上がほんのり明るくなった。
蛍光灯だけど、
なんとなく温かみのある光。




    「中国留学情報」
    西安工程大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-21(Fri) 22:21:41】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

四川省南充市
特に何もない街だがスーパーはある。
ビールのつまみを物色。

ポテチでも食うか。
棚には上海のスーパーと同様に
トップブランド「上好佳」のポテチが並ぶ。


お?
なんじゃこりゃ!
こんなの見たことないぞ。

ポテチ1 


いろんな街で「上好佳」のポテチをみてきたが、
このパッケージは初めて見た。

ポテチ2 


ぬわんと、唐辛子味である!
やってくれます、さすが四川省。
仲間由紀恵の次に辛いものが好きな小生。
迷わず購入。


仕事を一通り終え、
ビールを片手に唐辛子ポテチに手を伸ばす。


辛ーっ!!


こんなの食ったことね。
これに比べりゃカラムーチョなんて子供だまし。


四川大好き。
辛いの大好き。

けど、これ辛すぎ。




    「中国留学情報」
    四川農業大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-20(Thu) 21:39:16】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

重慶のタクシーは車体が黄色

タクシー1 


ほとんどすべてが日本のスズキの車である。
よりによっての重慶なのに、
よりによって日本の車を使ってくれるとは。
ありがたいことである。

ちょっと見えにくいかもしれないが、
スズキのSマークが燦然と輝いております。

タクシー2 


小生、鈴木の社長がけっこう好きでね。
人懐こそうな笑顔してるじゃない。
思わず「おさむちゃん!」って声をかけたくなる。
(かけたことないけど)


この車のブランド名は「羚羊」
中国語で「カモシカ」

とある大学の先生に聞いた話だが、
「鈴」と「羚」が同じ発音なので引っ掛けているとのこと。
いわゆる「諧音」である。


坂道が延々と続く重慶の街を
軽やかに駆け巡る黄色いカモシカ

なんか良い感じだよね♪




    「中国留学情報」
    西南財経大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-19(Wed) 01:43:37】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

重慶の街中でよく見かけるこの光景

運び屋1 


おっちゃんたちが棒に寄りかかってボーっとしている。
(駄洒落じゃないよ。念のため)
ったくもう、
中国の男どもは仕事しないなぁ。

いやいや、そうではありません。

運び屋2 


写真が見にくくて申し訳ない。
左のおっちゃんの棒の真ん中あたり、白いものが見えるでしょ。
これ、ロープです。

重慶の街中ではあちこちで
竹の棒にロープの束をぶら下げたおっちゃんたちを見かけます。
他の街では見ることがない、重慶だけの光景


で、このおっちゃんたち、
いったい何者かというと、

運び屋3 


荷物運びのおっちゃんたちなんです。

とにかく坂だらけの重慶の街
重い荷物を運んであげるのが
このおっちゃんたちの職業

運び屋4 


重慶人は彼らのことを
親しみを込めて「棒棒(バンバン)」と呼びます。
重慶名物の棒棒鳥(バンバンジー)とは
えー、関係ないそうです。

重慶は元々、長江を使った河川物流の要衝
崖下の河川港から荷物を引っ張り上げるのに
もともとは活躍していたのではないかと小生は推測


丸太1本で生計をなす棒棒たち
パソコン1台で(細々と)生計をなす小生
ともに自営業者
がんばりましょう。




    「中国留学情報」
    西南財経大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-18(Tue) 01:44:29】 |  Trackback(-) | Comments:(1) | [編集]

小生、街中の移動はほぼ100%バス
地図を片手にバス停の表示板と毎日にらめっこ

バス停の表示が今までで一番分かりやすかったのは西安
ここは地図形式になっている。
奈良交通や西鉄バスより数百倍分かりやすい。

逆に、一番分かりにくかったのは、
うーん…
ほとんどすべての街。笑
もう慣れたけどね。


重慶はかなり分かりやすい部類に入る。
表示板がなかなか見やすい。

バス停1 


バス停2 


地名にはいろいろとその街の特徴が出る。
例えば天津とか、縦は●●街、横は●●路
通りの名前を縦横で区別している。
石家庄とかも確かそうだった。

重慶は特徴がかなり多い街だ。
地名に●●湾とか、●●坪とか、●●バーってのが多い。
特にこの「バー」ってのは他では見た覚えがない。
ツチ偏に覇王の覇と書く。

重慶駅があるのが菜園バー
師範大の住所は沙坪バー
長江の中州は珊瑚バー


大学の先生に聞いてみたところ、
このバーって文字には、平地という意味があるとのこと。

中国の長崎と小生だけが呼んでいる重慶
とにかくどこに行っても坂だらけ。
山肌にへばりつくように建物が並び、
その間を道路がアップダウンを繰り返す。

平地ってだけで場所の名前になる
それだけ平地が貴重ってわけだ。


もう一つ。
南坪(ナンピン)というところから南に下る。
重慶教育学院があるのが四公里
工商大があるのが五公里
その次が六公里で、
七公里にあるのが交通大
さらにそのあと、八公里、九公里、十公里と続く。

ところが、
一公里、二公里、三公里がないのだ。
なぜいきなり唐突に四から始まるのか!?


ヒント


なし


実は


小生も知らん。笑


大学の先生ともなんでだろうね?って話になったのだが。
どうもこれという理由が見つからない。

1,2,3がないって
日本人としてはなんか気持ち悪くない?


ご存知の方、
ぜひ教えてください。




    「中国留学情報」
    転校無料キャンペーン中!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」


「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-17(Mon) 02:36:50】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

そもそも、
小生は貧乏だ。
うん。そうそう。


てなわけで、
中国国内の長距離移動はもっぱら列車である。


春節できっぷが全部売り切れてて、
鄭州から帰る方法がなくなった去年の1月

さすがに48時間の列車は堪忍袋の緒を結びきれず、
ウルムチから4時間のフライトとなった去年の7月

それ以外、飛行機というものを使った記憶がほとんどない。


貧乏レベルにおいては
公園で野宿する中学生と差不多一様の小生が
なにゆえ、重慶まで飛行機で移動するのか。

言うまでもない。
安かったからである。


上海から重慶へ列車で行くとする。
上海南駅発重慶北駅行きK71列車
14時21分発19時54分到着
乗車時間29時間33分

29時間?!
ありえねぇ~

しかも、
一番安い寝台でも400元近くする。


上海発のフライトで安さを求めるなら、
断然、春秋航空
  http://www.china-sss.com/airlinenew/tickets/airline/index.asp

ネット購入価格で299元
税金と燃油費が150元
合計449元

50元高くつくかぁ。
まぁ、許容範囲かなぁ。


春秋などにはかなわないが、
チケットサイトでは安定して安いc-tripを試しに見てみた。
  http://flights.ctrip.com/Domestic/SearchFlights.aspx


おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
出たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

220元!
オール込みで370元

ってことで、久々に飛行機に乗ることになったのである。


いやね、
値段が違うっていっても高々100元程度なのさ。
日本円にすれば1,500円でしょ。
どうでも良いのよ。本来は。

なにせこの1年
列車に揺られ、各地で地元民と一緒にバスに乗り、
労働者のおっちゃんたちと5元の定食食ってるとね、
貨幣感覚がチャイナってしまうのね。
10元がもったいなく感じるんだ。苦笑


ちなみに、
ある意味、日本以上に資本主義な中国である。
予約の埋まり具合でチケットの価格は日々変動する。

小生が買った中国南方航空CZ8102便は
数日後には600元に高騰した。


そう。
南方航空のはずだったのだ。


搭乗口に止まっていたのが写真のこれ。
どこからどう見ても、
中国3大エアラインの一つ、南方航空ではない。

重慶航空 


グループ小会社の重慶航空でした。


所詮、小生は貧乏人扱いである。涙




    「中国留学情報」
    重慶師範大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-13(Thu) 01:23:21】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

おひさしぶり。
大学が冬休みの間、ずっと上海に引きこもっていたもので。
ネタが何にもなくてサボっておった。

今日から取材ツアー再開。
日記もようやく再開。



今日は飛行機で重慶まで移動。
リムジンバスに90分揺られて浦東空港に到着。

浦東空港は第2ターミナルを建設中だが、
第1ターミナルとの間にホテルが開業間近である。
写真の建物がそれ。

motel168


「MOTEL168」
上海資本のビジネスホテルチェーン大手


中国では今、ビジネスホテルが雨後の筍のごとく
あっちこっちで生まれている。

安い、ネット完備、清潔、
日本のそれよりはるかに広い
ソファとかいらん物が付いてない
ジムとか宴会場とか使わん設備もない

浪速合理主義者にはピッタリってことで、
最近の小生はどんな街に行っても
ビジネスホテルを探して泊まっている。


その中でもMOTEL168は

同じく上海資本で店舗数ナンバー1、
格安チケット、ホテル予約ネット最大手C-tripを親会社に持つ「如家酒店」

またまた上海資本でベリービッグ旅行会社を母体とする「錦江之星」

これらと並ぶ上海ビジネスホテル3羽ガラスを為している。
(小生が勝手に名付けただけだが。)


浦東空港真ん前の物件を
何故168がゲットしたのか?

上海市長への献金額が一番多かったんだろうね。笑


でだ、
なぜこのチェーンが168と名乗ってるかというと、
言うまでもなく1泊168元からという安さをアピールするため。

でね、
空港前の168はまだ開業してないんだけど、
ネットサーフィンで調べてみたのさ。

そしたら、
最低価格268元みたい。


立地次第で168元が無理とか、
物価が高騰していずれ無理になるとか、
普通考えないか?

そうなんだよ。
考えないんだよね。
普通の中国の人って。

けっこう後先考えずに、
その場のノリでサクッと動くんだ。
まぁ、それが日本がどれだけがんばってもかなわない
中国のスピードの源なんだけど。


まさに中国を象徴するかのようなMOTEL168


あ、そっか、
だから中国の玄関口にこのホテルを選んだんだ?




    「中国留学情報」
    大学の情報、更新しました!
    

    あなたを待ってる学生がいます。
    「中国で日本語教師になりたい」



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-03-12(Wed) 01:52:49】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。