プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

取材が終わり先生と食事。
前から若く見える先生だなぁと思っていたのだが。


あの、前から聞こうと思ってたんすけど。
「はいはい。」
先生、おいくつ?
「今年45です。」
あぁ、5つ上ですね。お子さんは?
「男の子です。今年で大学生になります。」


5つしか変わらないのに。
子供が大学生。


かなりへこんだ。




    「中国留学情報」
    3月からの留学、まだ間に合う!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!



スポンサーサイト
「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-27(Sun) 09:41:40】 |  Trackback(-) | Comments:(1) | [編集]

とある大学の先生と会食。
ちょいとばかし酒も入っていたもので、
いささか込み入った話題にも入る。

今、中国ではどこの大学でも拡張ラッシュ。
郊外に大規模の新校区を建設している。


どんどん新校区作るからさぁ、学費上がるのさ。
「いや、違うよ。学費じゃない。」
じゃぁ、どうやって建設費作るの。政府の補助金?
「違う。そんなものは知れてる。」
じゃぁ、なに?
「借金。銀行から。」


えぇ!と思ったのだが。。。


ちぃとばっかし一昔前のこと。
教育の強化、大学生の増加など時代の要請を受け、
政府は大学の拡張方針を推奨した。

その際、建設費として銀行からの借金を勧めたのも政府。
中国の大学はほぼ全数が国公立である。
政府が後ろ盾についているとなれば、
言うまでもない。銀行は金を貸す。


でだ、
借金返済に困り始めているらしい。


多くの大学が数十億元の借金を抱える。
そして、省によっては返済がおぼつかない大学が多数出た。
実は省政府も大学の拡張には一枚噛んでいる。

中心地から離れた郊外に
大学の新キャンパスを集めた学園地区を作っているのだ。
北京の海淀区、上海の松江、広州の大学城などなど。

省政府も旗を振ったからには知らん振りとはいかない。
省によっては毎年、百億元以上を銀行返済に充てているらしい。


いやはや、まぁ極東の某島国も一緒ですわな。
お役人のやる事業は得てしてこうなったりする。
どうする!どうなる?中国の大学!!


しかーし、
これだけでは終わらないのがチャイナである。
大学スーパー拡張には余談がある。


あのさ、先生。借金に困るんでしょ。
「うん、そうなってるよ。」
じゃぁさ、なんであんなにデカイのよ。
「うん?」
広すぎるでしょ。あんなに広くしなくても良いんじゃない?
「ふふ、分かってないね。小生さん。」
はい?


こういうことだそうです。


1.政府の後ろ盾で銀行からたくさん金を借りる
2.必要以上の大キャンパスにして土地を確保する
3.土地が高騰して含み益を得たら売却する

ぬわんと、大学が土地投機をしているのだ!!


まぁ、得てしてスーパー郊外ですから。
大学側としてもすぐに高騰するとは思っていないようで、
数十年後に利益が出ればという腹積もりだと。

が、すでにですね、
これで相当な利益を出している大学もあるそうです。


いやぁ、さすが商人の国。




    「中国留学情報」
    3月からの留学、まだ間に合う!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-25(Fri) 12:10:27】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

日中友好深化ため日々活動を続ける小生。
外務省も文科省も応援してくれないけど。涙

中国留学促進に続く第2弾として始めた
中国の大学に日本人教師を紹介する事業。
昨秋から大学の日本語学科を訪問している。


でね、小生の中国語もスーパーブロークンだからね。
人のこと言えた義理じゃないんだけどさ。

一応、日本語学科の先生だからね。
いささかね、なんというかね、つまりそのね、


先日、とある大学の先生から来たメール。

「小生先生が来ることを歓迎します。
 先生は何時ごろ駅に着きますか?
 こちらは迎えをするように教えなさい。」


うーん、
いかがしたものか。。。




    「中国留学情報」
    河南大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-23(Wed) 11:42:43】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

昨日に引き続き、先生方と会食中。

一通り飲み食いが終わり、そろそろお開き。
先生がウェートレスの姉ちゃんに何やこれやと。
しばらくして姉ちゃん再登場。
手には発泡スチロールの容器が。


中国渡航歴のある方はご存知だろう。
「打包」です。
余った料理を持って帰って、翌日とかに食べるのだ。

食べ物を粗末にしない。
中国の非常に良い習慣。


先生、この打包は良い習慣ですよね。
「そうですね、もったいないし。」
これは日本も真似せんといかんですね。
「昔はなかったんですけどね。」


ほう!そうだったの。


先生のご主人曰く、
昔はやはりメンツを気にして、みみっちいことはしなかった。
この打包が始まったのはここ数年のことだと。

なにせ中国はスピードが速い。
この習慣が中国のどこで始まったのかは知らぬが、
あっという間に全土に広がったのだろう。


てっきり大昔からの習慣だと思っていたのだが。
新発見にちょっとビックリ。




    「中国留学情報」
    黄河科技大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!


「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-22(Tue) 12:52:45】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

とある大学の先生と会食。
この人は日本に十年近い滞在経験がある。
だんなさんも同じく日本滞在経験者。
ラクで良いよね。日本語での会話。


話しているうちに日本はゴミも落ちてなくて清潔だね、と。
これは日本に来たことがある中国人が口をそろえて言うこと。

お二人は日本滞在を通して、
日本の清潔さ、安全さがすっかり気に入ったと。
そしてなんと、日本の永住権を取得したんだとさ。


なんか、こういうのって、うれしいっすよね。
国を誇れるのって。





    「中国留学情報」
    河南師範大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-19(Sat) 18:19:55】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

小生の住むマンションは老人比率が高い。
恐らく入居者の3割はお年寄りではないだろうか。


エレベーターで下へと。
10階から乗ってきたばあさん。

「あらぁ、久しぶりだね。」
どもども。
「ちょっと、太ったんじゃない?」
いや、食生活貧相ですけど。
「夏場はもう少し引き締まってたわよ。」

このばあさんは小生の大家の親戚である。
入居時からやたらと世話を焼いてくれる。
親切な良いばあさんなのだ。


このばあさんは年の頃なら70過ぎだろうか。

思うんだよね、ありがたいと。
中国のお年寄りが親切にしてくれるのって。


第2次上海事変が起こったのは1937年の7月
盧溝橋事件の直後、欧米列強の関心を満州からそらすため
関東軍が故意に起こしたとされる。

その真偽はともかくとして、
上海のお年寄りってのは、
この事変の経験者もしくは、
親からリアルな経験談として聞いた世代である。

その上海のお年寄りが、
事変当事者ではないけど、
でもとりあえず日本人である小生にだね、
けっこう親切に良くしてくれるわけだ。


逆の立場だったら、
って考えてみるんだよね。

例えば、小生の親族に北朝鮮の拉致被害者がいたとする。
これから数十年経って、日朝の国交が正常化したとしよう。
そして、小生のマンションの隣の部屋に
北朝鮮からの留学生が引越してきたとする。

普通に付き合えるのかなぁ、って。


小生は戦争の当事者ではない。
故に、先の大戦について中国人に謝罪するつもりなどない。
小生は何もしてないもん。

ただ、
小生に良くしてくれる中国のお年寄りたちに
感謝の気持ちは常に持っとかなきゃいけないなと。

そう思う今日この頃。






    「中国留学情報」
    江漢大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




つれづれなる上海 | 【2008-01-13(Sun) 19:26:10】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

それほど腹が減っていたわけでもなかったので。
目に入った蘭州ラーメン屋に入る。
牛肉面を注文。
サクッと食べ終わって席を立つ。

金を店主に渡したところ、

「味はどうだったですか?」
え、味、うーん、悪くないと思うけど。


ラーメン屋に限らず、中国でおいしかったかと聞かれたのは
恐らく初めてではないだろうか。
中国の食べ物屋って総じて無愛想で、
ベルトコンベヤ的に料理作って、
出して食わして金とっておしまい、って感じじゃない。


聞くとこの店主、最近新しく開業したばかりとのこと。
近隣には競合店も結構あるので、
自分の味がお客に支持されるのか心配だと。

ふーん、味を気にする店主もいるんだぁ。


初心忘するべからず
自分に言い聞かせる。






    「中国留学情報」
    江漢大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!



「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-12(Sat) 03:01:45】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

日本語教師紹介業を始めたもので、
各地の日本語学校をまわっている。

長沙のとある学校に着いたのは昼の1時
先生方は昼休みの時間帯。
とりあえずは事務室の位置でも確認しておこうか。

外国語学部の建物を探し当て、
1階から順に端から端までのぞいていく。
6階にたどり着いた時、廊下に数人の学生がたむろ。
事務室の場所を聞く。

何をしに来たの?と聞かれ、かくかくしかじかと話す。
話をしているうちに、彼女達が日本語学科の学生であること、
小生が日本人であることが互いに判明する。


なにせさぁ、長沙だよ。長沙。
湖南師範に30人ほどいるらしいけど、
基本的に日本人なんてほとんどいないエリアだからね。


学校に1人だけの日本人教師以外、
日本人に触れることなどほとんどない彼女達。
教室内に強制連行される。

拉致られて、椅子に座らされて、質問攻め。
あのなぁ、お前ら金払え。


物価のこと、日本への留学のこと、
どうすれば日本で働けるかなどなど。
若い真剣な思いがあふれかえる。


けどね、彼らにはがんばって欲しいと思うんだけど、
水を差すようで悪いんだけどね。
いろんな学校を回るうちに、ちょっとずつ見えてきたのだ。



小生の推計だが、今中国には「日本語学科」を開設している学校が
少なく見積もっても400校はある。
大規模校から小規模校まで様々だが、
平均すると1学年2クラス、1クラス35人である。

ということはだよ、
35×2×400=28,000
毎年3万人近い日本語人材が生産されていることになる。

ろくすっぽ勉強していない使えない学生もいるだろうけど、
いずれにしても、こんな人数、吸収できるわけないよな。


以前知り合った女の子は、ロシア語学科卒なのに電話会社で働いてたし、
何を隠そう小生の妹は中国語学科卒なのに、
SEで就職し、今は普通の専業主婦。
小生に至っては、文学部史学科卒なのに台所雑貨のバイヤーだからね。
まぁ、学校でのお勉強と就職とが直結する方が難しいんだけど。


小生を拉致した工作員の諸君
このうち何人が日本語で活躍できるのか。
ぜひ、がんばって欲しいものである。






    「中国留学情報」
    武漢理工大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!





「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-10(Thu) 21:37:46】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

吉首大学で留学情報の取材
小生の取材項目の中には、
「近隣の大規模スーパー」というものがある。
なにせ小売業出身なもので。
気になるのだ。

近所に有るの?と尋ねたところ、
先生語りて曰く、「ジャルフ」があるという。
売上高規模世界第2位、フランス資本のハイパーマート「カルフール」
中国語では「ジャルフ」と発音する。


へぇ、ジャルフがあるんだ。こんな田舎町に。
「いやその、ジャルフです。」
うん、ジャルフでしょ。
「いえいえ、ジャルフ」
だから、ジャルフじゃん。
「いや、ジャルフじゃなくて、ジャルフ」
だって、ジャルフでしょ、ジャ・ル・フ!


何言ってんだ、このねぇちゃん。


「あのですね」
なんですか。
「ジャルフです。」
だから、ジャルフでしょ。
「いやその、フがですね、4声です。」
へ?
「2声じゃなくて、4声です。」


☆家楽福(jia1 le4 fu2)
★家楽富(jia1 le4 fu4)


ってことはですよ、
「はいはい。」
本家本元の家楽福のパクリ?
「うーん、パクリと言うか…」
何ですか?
「本物の家楽富、なんちゃって…」


せっかくですので見に行ってきました。
写真をご覧下さい。
本家本元の家楽富です。

ジャルフ


えー、非常にコメントしにくいのですが、
本家本元おフランスの家楽福より、
安くて買いやすかったのでありました。

まぁ、小生的にはOKなんですが。。。




    「中国留学情報」
    湖北師範学院の情報、新規掲載しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-09(Wed) 20:44:57】 |  Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

湖南省最西部、重慶市、貴州省などと境を接する地
土家族、苗族などが多く住む民族自治州、湘西。
こういう面白っぽいところに来てるのに、大学しかまわらない。
今日の取材先は吉首大学


取材中の事務室に韓国人学生7人組が入ってきた。
先生が「この人、日本人だよ」と紹介してくれる。

韓国語は始めては挫折、かじっては中断を繰り返している。
まるで使い物にならないのだが、
とりあえず挨拶くらいは韓国語でしてみないと。


「パンガップスムニダ(お目にかかれてうれしいです)」

脳みそのヒダに隠れていた挨拶用語集を
えいこらしょと引っ張り出す。

7人組の1人が口を開く。

「こんにちは。よろしくお願いします。」

おぎゃ、日本語が返ってきた。


聞くと7人のうちの2人は、
高校で日本語を学んでいたとのこと。
韓国は高校でも第2外国語があるし、
中国同様、外国語中学なるものもある。

また、あまり知られていない事実だが、
世界で日本語を勉強している人が一番多い国は
お隣の韓国なのだ。
人口15億の中国ではなく、5,000万ほどの韓国。


これじゃいかんな。
もう一回気合入れて、韓国語再チャレンジ。





    「中国留学情報」
    雲南師範大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!



つれづれなる上海 | 【2008-01-08(Tue) 22:40:48】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

中国の列車等級は列車番号や記号に現れる。

頭にDが付くのは動車組
いわゆる新幹線車両

Zは直達列車と言う
基本的にノンストップの都市間直結列車

次はT、特別快速列車
そのあと、N、Kで表される快速列車が続く。


ここまではいわゆる優等列車。
この次にアルファベットが付かない普通快速列車
列車番号は1000番台から5000番台まで

そしてビリッケツは普通慢車
列車番号は6000・7000番台である


普通快速も実は内部で分類がある。
1000番代は上海・北京間の1461列車など
主要都市間を主に結んでいる。
列車によっては特別快速とあまりスピードが変わらなかったりする。

ご想像の通り、列車番号が増えるにつれて
列車の格が落ちていく。

スピードが遅かったり、
停車時間がやたら長かったり、
優等列車の追い越しで30分待たされたり、
その挙句に3時間遅れで終着駅に着いたり。


列車の格とともに、
乗客の品格も落ちていく。(笑

あっちこっちで大音響の大騒ぎ
床中に飛び散るゴミの山
ちなみにこの時期、みかんの皮が多い。

ついでに言うと、乗務員の品格も落ちる。
終着駅に近づき、乗客が減ってくると、
暇をもてあました車掌さんが、
空いた座席に座ってタバコを吸っていたりする。


まぁ、長時間乗るには苦痛だしね。
夜行の低級列車とか最悪。
重慶から西安の20時間は死ぬかと思った。


けどね、昼間の4時間くらいだったら、
けっこうおもしろいのだ。

ホームに立つ両親に見送られて
しんみりしている二十歳くらいの女の子

その前でおそろいの赤いジャンパーを着た女の子3人
どこに消えていくのか、延々と食べ続ける。
そして、しゃべり続ける。

座席が取れなくて、立席乗車券を持った乗客が乗り込んでくる。
3人の端に10cm空いた隙間を目ざとく見つけ、
「ちょーっと、座っちゃおうかなぁー」
と大きな声でつぶやいて、ドカッと座る。

一瞬不愉快そうな顔をする3人娘。
ま、いいかって表情にすぐ変わるが。


次から次へとやってくる車内の実演販売。

タイガーバーム。
え、ベトナム産だったっけ?

スーパー丈夫な炊事手袋。
風船のように思いっきり膨らませる。
無邪気に盛り上がる車内。

手動の懐中電灯。
若者2人がおもしろがって買う。
お前ら、何に使うねん。


めったやたらと優等列車に抜かれ、
気がつくと定刻の1時間遅れ。
終着駅まであと20分。
ほとんどの乗客は降りて、
車内は閑散と。


リアル中国というか、
中国の素の部分というか、
5000番台の列車、けっこう好きです。




    「中国留学情報」
    湖南農業大学の情報、新規掲載しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!




「中国留学情報」取材ブログ | 【2008-01-07(Mon) 23:36:45】 |  Trackback(-) | Comments:(1) | [編集]

昼過ぎにホテルを出て南昌駅に向う
15時00分発萍郷行き5201普通快速列車

ちょっと駅に早く着きすぎたし、
まだ昼飯を食していない。
駅前の食堂へ入る。


中国の駅前によくあるパターンは、
おかずを選んでお皿やトレーに乗っけてもらうってやつ。
それにご飯がドサッと乗っかってくる。

入った食堂は肉系、野菜系各2品で8元。
まぁ、相場やね。


えぇっとねぇ、おばちゃん、まずこの肉。
「はいな」
それとぉ、この魚もらおっか。
「はいはい」
これ、カリフラワー。
「はいよ」
ラストわぁ、うーん、よし、もやし炒め
「はいさ」


おばちゃんがご飯を乗っけてテーブルに持ってくる。
20元札を渡す。


「えーっとねぇ、おにいちゃん。」
なにさ、8元だろ。
「うん。おかずはね。」
はい?
「ご飯が2元」
はぁ?
「合計10元ね。」
なんじゃ?
「お釣10元持ってくるから待っててね。」


あまりのセコサにあきれて声も出ないのであった。


数多くの駅前食堂でメシを食ってきたが
このセコセコパターンは初めて。

南昌の好感度、20ポイントダウン




    「中国留学情報」
    吉首大学の情報、更新しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!



中国の車窓から | 【2008-01-06(Sun) 15:59:31】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

ツアー中のホテルで、
時としてカップめんを食す時がある。
そこそこの確率で。

まぁ別に貧乏だからってわけじゃなくて、
外に出るのも面倒だし、
中華って量が多くて1人で食べるの困るし。

ってことで今夜はカップめん。


ふたを開けて粉末スープその他を取り出す。
麺の上にそれらを広げて、
あれ?
はて?
フォークが無いじゃん。


中国のカップめんは日本よりも進んでおり、
必ずフォークが付いている。
カップの中に粉末スープその他と一緒に
フォークも入っているのだ。

それがない。
あれま。


そそくさとホテルのレストランへ。

あ、おばちゃん、箸ちょうだい。
「箸?何に使うのよ。」
何にって、カップめん食べるのさ。
「フォーク入ってるでしょ。」
いや、それがさぁ、入ってないのさ。
「まぁた、そんなわけ無いでしょ。」


おばちゃん、ニヤニヤ
思いっきり疑いの表情


いや、ホントだって。
「何に使うのさぁ」
あのねぇー


おばちゃん、厨房の若い衆に向って、
「ちょっと、この坊主頭に箸あげてー」


「はいよ。」
あのね、おばちゃん、フォークがさぁ
「はいはい。」
だからさぁ


なんか知らんが疑惑をかけられてしまった。
ちょっと気分悪いんすけど。。。





    「中国留学情報」
    江西財経大学の情報、新規掲載しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!



中国の車窓から | 【2008-01-05(Sat) 19:54:05】 |  Trackback(-) | Comments:(3) | [編集]

とある大学の先生方と会食
ろくすっぽ聞き取れていないのだが、
いかにも聞き取れているような表情。
この技術だけはかなり上達した。
ふぅ…

一通り飲み食いして
そろそろシメに入る。
中国では普段の食事は別だが、
会食の時は最後に米飯か麺類が出る。

今日は麺類
日本のうどんに味も歯ごたえも似た
なかなかグッドなお味。


小生の向側に座る女性
留学生部の事務スタッフで、
お目にかかるのは今日が初めて。

大学の第二外国語が日本語だったということで、
日本に興味津々のご様子。


「あのぅ、小生さん。」
む、なんじゃ?
「ちょっと聞いても良いですか?」
うむ、苦しうない。問うてみよ。
「本で読んだんですけど、
 日本人って麺類食べるときに
 音を立てるって本当ですか?」
うん、立てるよ。
「えー、やっぱりそうなんだ♪」


えらくうれしそうな表情。


「おいしいってことを表現するために
 ずるずるって音を立てるんですよね?」
は?
「おいしければおいしいほど、
 音が大きくなるんでしょ?」
はい?
「あんまりおいしくない時は
 出す音が小さくて、」
はにゃ?
「まったく、おいしくない時は
 音を立てないんですよね!」
はひぃ~???


どこでどう誤解されたのか
我が祖国の食文化
音の大小で美味さを表現とは。とほほ。


そのあと小生が「音を立てて麺を食す」を実演
本日一番の大盛り上がりであった。

ま、いいや。




    「中国留学情報」
    上海中医薬大学の情報、新規掲載しました!
    

    表のブログはこっち!
    「中国留学情報」取材ブログ

    新しい挑戦、始めませんか?
    中国で日本語教師になろう!





中国の車窓から | 【2008-01-04(Fri) 18:43:19】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。