プロフィール

おじ

Author:おじ
 
【自己紹介】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37歳で中国留学。
38歳で中国一周大学ツアー。
黒龍江省からチベットまで、
回った大学300校以上。
 
素直に日本に戻って
サラリーマン復帰するはずが…
気の迷いで中国残留。
 
留学エージェントを開業。
 →「中国留学情報」
 
今も飽きずに大学訪問の日々。
中国の大学、街角、人etc
ごくごく普通の中国をお伝えします。
 
親中派が一人でも増えてくれたら、
ちょいとばかしうれしいです。

 
【行ったことのある街】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【直轄市】
北京、天津、上海、重慶
【黒龍江省】
黒河、牡丹江、ハルビン、チチハル、
大慶、佳木斯
【吉林省】
図門、延吉、吉林、長春、四平
【遼寧省】
丹東、瀋陽、鞍山、大連、錦州
【河北省】
唐山、保定、石家庄
【河南省】
新郷、焦作、洛陽、南陽、鄭州、
開封、商丘、信陽
【山西省】
太原、臨汾
【内蒙古自治区】
呼和浩特、通遼
【陝西省】
西安、咸陽、漢中、延安
【寧夏自治区】
銀川
【甘粛省】
天水、蘭州、敦煌
【青海省】
西寧、ゴルムド
【新疆自治区】
トルファン、ウルムチ、カシュガル
【山東省】
済南、東営、維坊、威海、煙台、
青島、日照、聊城
【江蘇省】
南京、鎮江、常州、無錫、常熟、
蘇州、昆山、南通、連雲港
【浙江省】
嘉興、杭州、臨安、紹興、寧波、
寧海、黄岩、台州、温州、金華、
義烏、永康、舟山
【安徽省】
合肥、蕪湖、馬鞍山
【江西省】
南昌、ガン州、景徳鎮、九江、萍郷
【湖北省】
黄石、武漢、荊州、襄樊
【湖南省】
長沙、株洲、湘潭、吉首、衡陽
【福建省】
福州、泉州、章州、アモイ
【広東省】
長安、東莞、広州、佛山、肇慶、
陽江、湛江、深セン
【海南省】
海口、三亜、文昌
【広西自治区】
桂林、南寧
【貴州省】
貴陽
【四川省】
南充、成都、雅安
【雲南省】
昆明、麗江、大理
【西蔵自治区】
拉薩
 
さ~て、
次はどこ行こっかなぁ♪


【サイト運営してます!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中国留学情報」
「社会人の中国留学」
「中国で日本語教師」
「中国で本科留学!」
 

【ご質問・お問合せ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
留学などについて、
ご質問・ご相談はこちらから。
 
 
【メールマガジン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガを発行しています。
すべて無料です♪
中国留学に興味のある方、
ぜひぜひご購読を!


メルマガ購読・解除





読者購読規約

powered by まぐまぐ!


 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問に感謝!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 |  Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

たまには観光!「中国留学情報」
雲南省麗江市の玉龍雪山に行ってきました。
名前の通りでして、万年雪を頂いた雪山です。
なかなか険しい山でして、主峰は5,000m級なのに、いまだ処女峰です。


えー、四の五の講釈はやめて、
さっそく見て見ましょう♪


空港から市内へのバスから見た玉龍雪山です。
01遠景

いかにもって感じです。


ロープウェー乗り場で市内からの路線バスを降ります。
すでに富士山と同じくらいの標高です。
タバコを吸おうとしたのですが、ライターが着きませんでした。
市内に戻ると着いたので、気圧か酸素濃度の問題かと…
山もかなり近づいてきました。
02いざ出発


奥にチラッと見えるのが頂上です。
あそこへ向います。
03チラッと見えるあの頂へ!


読めますでしょうか?
04標高掲示板

今いる場所が標高3365m
そしてロープウェーの終点は、なんと4506mです!
ひぇ~

ロープウェーの隣には険しい山肌が続きます。
05険しい山肌


下を見るとなめらかな谷間
大昔に氷河で削り取られてできたものです。
06氷河で削られ滑らかに


その犯人の氷河は今でも健在です。
07氷河です!


そうこうしてるうちに終点へ。
4506mです!
富士山よりもはるかに高い。
08 4506m

えー、写ってるのは小生ではございません。


ここからはテクテクと上へと登っていきます。
目指すはあの氷壁!
09目指せ!1


10目指せ!2


階段をひたすら登っていきます。
11階段1


うねうねと続いていくのですが、
12階段2


けっこう急勾配なんですよ。
13階段3


思わず無言
なんか気のせいか息苦しくなってきた。

気のせいでもなんでもなくて、本当に息苦しかったです。
一歩進むたびに息切れです。

ふもとの売店では酸素ボンベを売っていました。
買ってる人を見て笑っていたのですが、超後悔!
必需品ですよ。酸素ボンベは。

それにしてもこれくらいの標高で高地トレーニングするんでしょ。
高橋尚子って。
アホちゃうか?


必死の形相でようやくたどり着きました。
観光客が登れるのはここまでです。
標高4680m
これ以上登りたくない。

私じゃありません。
14 4608私じゃない


妻ではありません。
15 4608妻ではない


息子じゃないです。
16 4608息子じゃない


残念ながらガスがかかっていて、山頂はよく見えませんでした。
17 4608から見た山頂

晴れてたら絶景なんでしょうね。


ロープウェーでふもとへ戻ります。
私的にはここからの風景が一番良かったような気が。
18下界からの景色


牛がのんびりと草を食む奥に、雪山がそびえ立ちます。
中心に見えるのが玉龍雪山です。

玉龍をアップ!
19アップ1


さらにアップ!
20アップ2


もっとアップ!!
21アップ3


牛もアップ!
22牛もアップ!




    「中国留学情報」
    明日から取材再開です♪
     (別ウインドで開きます)

    応援してくれー!
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    相互リンクしませんか。→こちらからメールで。



スポンサーサイト
上海日日新聞 | 【2007-05-20(Sun) 10:26:13】 |  Trackback(-) | Comments:(7) | [編集]

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
 舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、
 日々旅にして旅を栖とす。」
                        松尾芭蕉~奥の細道

芭蕉って収入源なんだったんだろ?
ぶらぶら東北旅行して食費や宿泊費はどうしてたんだろね?
どっかの大名が道楽的にスポンサーになってくれてたのかな。


スポンサーもパトロンもいない留学支援サイト「中国留学情報」
収入源はアフィリエイトで月額約5,000円(涙
やる気の源は意地
大手仲介業者のお手軽いい加減情報は絶対許さん。


労働節も終わったってことで、
今日から取材ツアー再開でーす♪

小生はとにかく暑いのと寒いのがキライ。(単なるわがまま)
昨年秋は寒くなる前にと東北3省に出向いたが、
今回も本格的な夏が来る前に南の方を終わらせてしまおうという
気候要因だけでツアー先は決まった。

昨年11月の第一次華南ツアーで広東省は終わっているので、
今回は広西・雲南・貴州である。

今日の夕方の列車でまずは広州へ。
翌日香港に渡り、翌々日ビザの更新。
広州に戻ってまた夜汽車に揺られ、
広西自治区南寧市にたどり着くのは火曜日の早朝05時47分


今回はちょこっと観光も入れたいと思っております。

広西ではやはり桂林ですよね。
山水画の世界、あこがれます。

いまいち見当がつかないのが雲南省です。
観光地としてスーパーメジャー級ですが、
なにせ小生はキレイな景色というものにあまり興味がない。

何見ようかなぁ。
ラオスとの国境線でも見てくるか?
いっそのことラオス入ってみるか?
「ラオス留学情報」?!


おすすめスポットがあればぜひご紹介を!

ほんじゃ、行ってきます。



    ついにスタート
    第2次華南ツアー!
     (別ウインドで開きます)

    まいど、おおきに!
     (別ウインドで開きます)

    mixiも書いてまーす!
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668
 


上海日日新聞 | 【2007-05-12(Sat) 10:50:17】 |  Trackback(-) | Comments:(9) | [編集]

03月23日に上海をあとにした「中国留学情報」春ツアーは、
陝西省、四川省、重慶市、山西省、河北省と転戦し、
昨日無事1ヶ月の行程を完了した。
今回もなかなか充実したツアーであった。

と、言いたいところだが、
今回ほど鉄道に泣かされたツアーはなかった。
そんなツアーを象徴するが如く、
最後のトドメは18時間の硬座に揺られての上海帰還。


下記のスケジュールで上海に戻りまーす。(涙
日本との時差は1時間。
時計と地図とをにらめっこしながら、
坊主頭のおっちゃんは今頃このあたりだなぁと、
仏壇に線香の一本でも手向けながら思いをはせていただければ幸甚です。



【K233石家庄発上海行快速列車タイムテーブル】
石家庄発 13時50分
邢台 着 14時56分
    発 14時58分
邯鄲 着 15時29分
    発 15時31分
磁県 着 15時51分
    発 16時10分
安陽 着 16時39分
    発 16時41分
鶴壁 着 17時06分
    発 17時17分
新郷 着 17時58分
    発 18時04分
鄭州 着 19時03分
    発 19時09分
商丘 着 21時13分
    発 21時15分
徐州 着 22時50分
    発 22時52分
蚌埠 着 01時08分
    発 01時14分
南京 着 03時10分
    発 03時15分
鎮江 着 03時57分
    発 04時09分
常州 着 04時54分
    発 04時58分
無錫 着 05時26分
    発 05時30分
蘇州 着 07時05分
    発 07時07分
昆山 着 07時29分
    発 07時31分
上海 着 08時05分


それでは、行ってきます。



    中国留学情報よろしく♪
     (別ウインドで開きます)

    線香の代わりにワンクリック!
     (別ウインドで開きます)

    mixi、地道に毎日。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

 

上海日日新聞 | 【2007-04-21(Sat) 12:15:00】 |  Trackback(-) | Comments:(5) | [編集]

今回のきっぷ騒動を通して気付いたことがある。
中国人って時刻表を使わないのではないだろうか?


日本で時刻表というと、一昔前までは「隠れたベストセラー」などと呼ばれていた。
今でこそITモノの発達で、以前ほどではなくなったかもしれない。
それでも一家に1冊ってことはないにしても、
駅の緑の窓口や、JTBなどには必ず置いている。

が、しかし、
中国のきっぷ売場にはそんなものはない。
壁にその駅を通る列車の時刻表が貼り出されているが、
それ以外の列車情報は一切ないのだ。


一昨日04月18日は中国国鉄の第6次大改革の記念日だった。
日本だったら間違いなく時刻表大増刷だ。
ところがだ…

私は陝西省から四川省に入った頃から
そろそろ先々の予定を立てようと新しい時刻表を探していた。
これが、とにかく売られていないのだ。
驚くべきことに、四川、重慶では最新版はおろか、
現行の時刻表すら売られていない。

重慶で普通の書店に行くと、「没有」の一言。
市内最大の書店ならばあるのでは、と言われて行ってみるが、
ここでも発せられた言葉は、「没有」
市内の旅行会社でも、駅のきっぷ売場でも売られていない。


04月17日
ダイヤ改正の前日にようやく太原駅の売店で見つけた。
このときも、市内の書店はおろか、駅のきっぷ売場でも売られていなかった。
駅の職員ですら、どこで売られているかをほとんど知らなかった。


もう一つ気付いたことがある。
先日の重慶→西安地獄の汽車旅の際、
隣席の兄ちゃんとの会話。

兄ちゃん「おたく、どこ行くの?」
王九蛋君「私、西安だけど。」
兄ちゃん「お! ちょうど良かった。俺も西安なんだ。」
王九蛋君「あ、そ。奇遇だね。」
兄ちゃん「ちょっと教えて欲しいんだけど、この列車、西安に着くの何時?」


今まで気にしてなかったのだが、
確かにこの手の会話は何度もあった。
目的地に着くのが何時かを知らない乗客がけっこういるのだ。


つまりだなぁ、
目的地に着けば十分なのだ。
何時に着けば便利だなぁ、とか、
まだそのレベルに達してないのだ。


人口13億人。実に日本の10倍。
じゃぁ、鉄道の営業キロ数が10倍あるかというと、ないよね。
運行本数だって絶対に10倍はないはずだ。
慢性的な供給不足なわけだから、
とにかく目的地に着けば御の字なのだ。

そんな状態なわけだから、
三鷹から東京まで中央特快で行って、
東京から京都まで新幹線、
京都から福知山まで山陰線
それをいかに乗り継ぐかを時刻表で調べようなんてありえないのだ。


振り返って考えてみると、
日本でも昭和50年代くらいまではけっこう鉄道は不便だった。
毎年11月下旬になると、年末の帰省きっぷを買うために
新宿駅で徹夜の行列をなす光景がテレビで映し出されたものだ。
「ゴーサントー」なんて言葉が新聞紙上に躍っていた。
昭和53年10月の全国的な鉄道ダイヤ大改正だ。


今の中国国鉄の状況は、ゴーサントーの足元にも及ばない状況だが、
これから一歩一歩改善されていくのだろう。
中国の人たちは大変だなぁ、と思いながら、
一足お先の日本に生まれてきて良かったと思う次第だ。


が、しかし、
私は今、一足お後の中国にいる。
明日の昼から18時間かけて、硬座で上海へ。
はぁ…
重ね重ね、ブルー


あちこちの書店に時刻表が並ぶ日が来ることを、
中国の一家に1冊、時刻表が鎮座することを、
3日もかけずに上海に帰るきっぷが買える日が来ることを、
中国人民に代わって神様にお祈りするツアー最後の夜であった。



    今日で4週間の春ツアーは終わりです。
    次回は05月13日から第2次南方ツアーです!
     (別ウインドで開きます)

    あのさぁ、
    たまには押してくれよー(涙
     (別ウインドで開きます)

    mixi版は小ネタ専門です。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668



上海日日新聞 | 【2007-04-21(Sat) 01:58:56】 |  Trackback(-) | Comments:(5) | [編集]

今日4月18日は中国鉄道部の第6次提速の記念日。
各主要都市で時速200kmの新幹線列車が運行を始めた。
中央電視台のニュース番組は言うまでもなく、
バスの中の液晶テレビもこの光景を延々と映していた。


いいことっすよ。
便利になるっすからね。
おめでたいことと思うっすよ。

けどね、
あのね、
俺のきっぷなんとかしてくれよー!!


一銭も儲からないサイト「中国留学情報」の取材ツアーも終盤。
上海に戻るきっぷを今だ入手できぬまま、
見切り発車で明日、河北省石家庄に移動する。


今週末には上海に戻るつもりなのだが、
①石家庄→上海の直通列車はきっぷ完売
②石家庄→杭州の列車その1も同じく完売
③石家庄→杭州の列車その2はきっぷはあるが、
  太原始発の列車なので、途中区間である石家庄→杭州部分は
  太原では購入できない。つまり、石家庄で買うしかない。
という泣く子も黙る閉塞状態に追い込まれたのだ。


普通の人ならば石家庄で買えることを祈るのみなのだろうが、
なにせスッポンのようにあきらめの悪い、
執着心の強い、
性格的にネチッこい、
付言すれば女にもてないタイプの私。
あきらめるわけがない。

一晩考えた末、
「そうだっちゃ、あの手があるっちゃ!」
と、ラムちゃんの如くひらめいたのだ。


ただでさえ売り切れ続出の中国のきっぷ。
このまま石家庄にたどり着くまでじっと待っていたら、
その間に私に敵意を持つ何者かが、私より先に買ってしまうかも知れない。

ならばだ、
太原→杭州の全区間を購入する。
太原始発の列車なんだから、これは間違いなく買える。
そして、そのきっぷを持って石家庄から乗れば良いじゃないか!
30元ほどムダになるのは悔しいが、
上海に戻れないのに比べればなんてことはない。
さすが土壇場に強い俺!(自画自賛)


朝一、意気揚々ときっぷ売場へ向かった。

貧しい王君:「えーっとねぇ、お兄ちゃん。この列車の一番安い寝台席、まだある?」
お兄ちゃん:「ありますよー。」
貧しい王君:「OK、OK♪ かくかくしかじかこういうことでね、石原庄から乗るから。」
お兄ちゃん:「あ、それ、無理っす。」
貧しい王君:「はい?(注:第2声)」
お兄ちゃん:「えぇ、無理っすよ。買えません。」

こりゃ~(注:巻き舌)、おんどれ大阪人なめとんかい!
ちょうしかましとったら走り出したばっかりの新幹線に
唾はいて屁かましたんど~!!!


お兄ちゃんいわく、こういうことだ。
確かに太原から杭州のきっぷは買えることは買える。
だが、太原を出た列車が石家庄に着くのは発車から5時間後。
そんな長い間誰も乗ってなければ、車掌さんが乗らないものと判断して、
硬座など別の車両から変更したい乗客に車内で再販売するというのだ。
つまり、5時間もの間、座席を保証できないと。


あのなぁ、君ら社会主義国家やろ?
なにを資本主義国並みの効率運営してるの?


今あらためて思う。
小平さえ生まれてこなければ。
百歩譲って3回もの失脚から不死鳥のように復権しなければ。
私は列車の心地よい揺れに身を預け、深い眠りにつき、
翌日杭州についた暁には、走行を始めたばかりの新幹線で上海に戻れたのに。


なんなんだよ、四川省。
食うものは大して辛くない。
街にパンダは歩いていない。
あげくの果てに小平を輩出。
だいっキライだー!四川省!!


ということで、明日は朝から石家庄まで3時間のバスの旅。
着いたら速攻できっぷ売場へ。
わずかな望みをつないでいます。


はぁ、
帰れるのかなぁ、
俺、上海に…



    中国留学情報
    明日からは河北省です。
     (別ウインドで開きます)

    きっぷも欲しいけど、
    クリックも欲しいっす。
     (別ウインドで開きます)

    mixiでも日記やってます。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668




上海日日新聞 | 【2007-04-19(Thu) 01:22:24】 |  Trackback(-) | Comments:(8) | [編集]

山西省南部の街、臨汾
なんて、誰も知らんよねー。
っつうか、山西省自体が超マイナー。
山西ってくらいだから山東省の隣だろうと思うと大間違い。
山東省とはつながっていないのだ。

この街についたのは今日の午後5時過ぎ。
ここに至る苦難の道中は後ほどとして、
全く期待もしていなかったこのホテルで
私は狂喜乱舞している。

ネットが速いのなんのって!
まぁ、奥さん聞いてよ。
カール・ルイスがドーピングしても
このスピードは出ないよ!


ってことで、全く想定外のうれしい状況に、
今までたまりにたまっていた動画の処理に没頭中です。
田舎町のホテルだけあって、先ほど2回停電した。(爆
いつ切れるか分からないネット環境。
今のうちにお仕事スパート!


動画処理が終わったらまたのちほど。
とりあえずは、ポチッとだけしておいてください。(笑



    まもなく6大学、動画アップします!
     (別ウインドで開きます)

    6クリックは必要ない。1ポチだけ。
     (別ウインドで開きます)

    mixiも超高速でつながる♪
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668



上海日日新聞 | 【2007-04-15(Sun) 23:21:24】 |  Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

全く不本意ではあるが、重慶に永住するわけにはいかない。
「中国留学情報」重慶取材は本日無事?に終了。
次なる目的地山西省に向けて、明日の11時19分、
太原行き2024普通快速列車は重慶をあとにする。

不本意である理由は言うまでもない。
取れたきっぷが硬座。
乗車時間は西安まで20時間。
はぁ…、スーパーブルー。


問題は11時から消灯の22時までの11時間をどうやってつぶすか。
ノートパソコンを開こうものなら、間違いなく暇な乗客の格好の餌食になる。
寝て過ごすに11時間は長すぎる。
やはりこれしかない。
書店に赴き買い求めたのがこれ。

数学1 

数学の問題集。
時間をつぶすにはこれが一番なのだ♪

個人的には2次関数が一番好きなのだが、
どうやら2次関数の授業は秋学期に行われるらしい。
春学期の今は書店に並べられてなかった。
(なかなか効率的な経営するじゃん!)


で、ページをめくって見た。
計算問題とか反比例関数はサクサクッて感じ。
ご機嫌気分で時間をつぶすのには程よい難度。

ところが、
図形問題に入った瞬間、
「なんじゃこりゃぁー」(by松田優作)


ということで、大脳の硬化現象が現れはじめているみなさんに、
頭の体操で~す。


まずは下の図形を。
数学2 


設問:
直線BG上で、四角形ABCDとDEFGはともに正方形であり、
面積はそれぞれ7と11である。
このとき三角形CDEの面積を求めよ。
(解答:√7)←ルート7


どや、難しやろ?


ここでみなさまに衝撃的な事実。
この問題集、8年級、つまり日本でいうと中学2年です。


ゆとり教育反対!
中国に負けるぞー!!



    来週からは山西省の大学を紹介します。
     (別ウインドで開きます)

    なんで√7か知りたいやろ。
    押したってやぁ~
     (別ウインドで開きます)

    mixi、マイミク募集中で~す。
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668


上海日日新聞 | 【2007-04-14(Sat) 01:37:55】 |  Trackback(-) | Comments:(12) | [編集]

タバコ、芋焼酎、ビール、車、辛いもの、旅。
人生に欠かせないものランキング。
手軽な辛いもの、カップめん。
四川で食べたカップめんをアップするのを忘れてました。


けっこういろいろ食べたのだが、
インパクトの強かったものを2つ。


まずはこれ。
麻辣牛肉面1 

麻辣牛肉面2 

中国トップブランド、康師傳の「麻辣牛肉面」
上海では絶対にお目にかかれないご当地シリーズです。
下請けかなんだか知らないけど、重慶のメーカーが作ってます。

中身はというと、
麻辣牛肉面3 

明らかに体に悪そうやね。


続いてこちら。
水煮牛肉面1 

水煮牛肉面2 

同じく康師傳ですが、なんと「水煮牛肉面」!
四川料理の定番中の定番をカップめんにしてしまった。

水煮牛肉面3 

う~ん、
水煮牛肉そのものが脂っこすぎて良く味が分からんからね。
これもとりあえず、油の味がした。(爆


次回をお楽しみに♪



    重慶市の大学2校アップしました。
     (別ウインドで開きます)

    ポチッ→元気→世界平和!
     (別ウインドで開きます)

    mixi→tanoxi→urexi!
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668


上海日日新聞 | 【2007-04-11(Wed) 04:21:55】 |  Trackback(-) | Comments:(5) | [編集]

兵馬俑は中学生の頃からいつかは見たいと思っていたので、
今回、現物を見て、超然的に感動でした。
3時間見てました。(ひま~)

で、西安にいる間に兵馬俑を動画で編集して
みなさんにお伝えできればと思っていたのですが、
これまた超然的に手間のかかる動画にギブアップ。
上海に戻ってからキッチリ作って、アップします。


今日のところは、私お気に入りのお馬さんでご勘弁を。

お馬さん



え、なに?
お茶をにごすな?

しょうがねぇなぁ。
これでどうだ!


はて?

真ん中の兵馬俑の足元見てください。


おいおい 

前のめりに倒れそうになってるので、
とりあえずレンガで支えてます。


う~ん、
さすが中国!
考古学会もスーパーアバウト。



    動画は出来上がってるのに
    アップロードできない(悲鳴
     (別ウインドで開きます)

    落ちていく~(涙
     (別ウインドで開きます)

    mixi四川でもつながらない…(泣
    http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5561668

    GREEもつながらなくなった…(号泣
    http://gree.jp/liuxue998


上海日日新聞 | 【2007-04-02(Mon) 04:03:51】 |  Trackback(-) | Comments:(4) | [編集]

1月28日に営業スタートした中国新幹線。
上海の鉄道ファンたちは組織力を活かして試運転の情報をゲット!
姚さん、Levi達は行動を開始したのでした。
中国の鉄道ファンを紹介する新聞記事。
上海の週間新聞「上海一周」からの引用、最終回です。
新幹線、中国に登場! in上海


小姚也参加了当天的活动. 他回忆说,那天非常冷,火车迷论坛出动了三个人:老大Levi,aa和他. 那天他们起了个大早,却还是晚了一步,"子弹头"已经开出维修站上路试车了. 三个人只抓拍到了一个车屁股的镜头就怏怏而回.
>>姚さんもこの日の行動に参加していた。彼は次のように振り返る。
 あの日は非常に寒かった。鉄道ファンフォーラムから参加したのは3人。
 ボスのLevi、aaそして姚さん。
 彼らはかなり早く起きたが、それでも一歩及ばず、
 「子弾頭」はすでに車両基地を出て、試運転についていた。
 3人は列車最後尾をカメラに収めただけで、しぶしぶその場をあとにするしかなかった。


不过没有一点疯魔的神经怎么能称得上"迷"呢? 三人小组算准了"子弹头"试运行之后还会回到维修站,在站台周围晃悠了整整一天,当"子弹头"的声音再次从远处传来,已经近傍晚时分.
>>しかし熱狂する心を持たずして、どうして「マニア」と呼べようか。
 3人は「子弾頭」は試運転を終えた後、車両基地に戻ってくると見当をつけ、
 プラットフォーム周辺でブラブラと丸一日を過ごした。
 「子弾頭」の警笛が再度あたりに鳴り響く頃にはすでに夕暮れ時になっていた。


"子弹头"在不远处停下了,他们兴奋地拿着相机对着它狂拍一通. 三人拍得兴起,不自觉地一步步向"子弹头"靠近,终于被工作人员发现了. "你是哪儿的?" 一个工作人员逮住aa,紧接着又有几个保安呼拉一下围了上来. "我只是一个火车迷!" 15岁的aa很委屈地"坦白"交待.
>>「子弾頭」はそれほど遠くないところに停車した。
 彼らは興奮してカメラを手にすると、
 「子弾頭」に向けて一心不乱にシャッターを切った。
 写真を撮るうちに彼らの興奮度は高まり、
 知らず知らずのうちに一歩ずつ「子弾頭」に近づいていた。
 そして彼らはついに作業員に見つかってしまったのだ。
 「あんた、何者だ」
 一人の作業員がaaを捕まえた。すぐに何人かの保安員もやってきて彼を取り囲んだ。
 「僕はただの鉄道ファンですよ!」
 15歳のaaは無念の面持ちで白状し、彼らを引き付けたのだ。


小姚和老大Levi两人紧趁着保安合围aa的当口迅速逼近"子弹头",非但摸到了乳白色的车身,还跟"子弹头"亲密合影. 就这样全上海第一张关于"子弹头"列车的照片,在火车迷们的小圈子里流传开来.

>>姚さんとLeviの2人は保安員達がaaを取り囲んだこの機を逃さず、
 すかさず「子弾頭」に近づいていった。
 そして乳白色のボディに触れた上に、「子弾頭」と並んで記念撮影までした。
 このようにして上海で初めてとなる「子弾頭」の写真は、
 鉄道ファンの間に一斉に出回ったのであった。



いやいや、恐るべきマニア心理とでも申しましょうか。
中国の鉄道ファン、やってくれますな。
彼らの次なる目標は春節あけに上海鉄道局に配備される新規の一編成を撮影することだとか。
なんでそんなことまで知ってるの。この人たち。



    中国留学情報、中国の117大学を紹介中!
    

    かなりランキング低迷中、お助けを!
    
 


上海日日新聞 | 【2007-02-03(Sat) 16:23:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ども。早く中国新幹線に乗ってみたいジャーナリスト、王九蛋です。
昨日に引き続き、中国の鉄道ファンを紹介する新聞記事。
上海の週間新聞「上海一周」からの引用です。
新幹線、中国に登場! in上海


中国新幹線CRH-2デビューの1月28日は大熱狂状態となった上海の鉄道ファンですが、
そこにいたる苦難の日々が隠されていたのでありました。
いやいや、ご苦労さん。



其实"子弹头"列车从去年开始就在上海铁道进行试运行,但始终处于严格保密之中,不仅现场派驻了很多保安人员,就连媒体采访也一律拒之门外.
>>実は「子弾頭(中国新幹線の別称)」の試験運転は去年から上海で行われていたが、
 常に厳重な監視下に置かれ、走行現場に多くのガードマンが配置された上、
 マスコミの取材も一切受け付けないというものであった。


ま、当然と言えば当然でしょうが。
しかし、熱い情熱を胸に秘める上海の鉄道ファン。
これであきらめるわけがありません。


火车迷是一个庞大的队伍,他们以网络论坛为平台,每个城市都有"分部",每个会员都各司其职,有人专门提供"线报",有人搜集,核实信息,有人负责行动,有人临场指挥,大家分工合作把搜集到的关于"子弹头"的资料放到论坛上去,和所有的爱好者一起讨论研究.
>>鉄道ファンは一つの巨大組織である。
 彼らはインターネットのフォーラムを舞台とし、
 各都市に支部を持ち、各会員が役割を分担している。
 ある者は「線報(ダイヤ情報?)」を担当し、ある者は情報の収集・確認に当たり、
 ある者は行動を管理し、ある者は現場での指揮をする。
 会員で協力して、「子弾頭」に関する集めた情報をフォーラムに公開し、
 そしてみんなで討論し研究しているのだ。


去年年底的一天,火车迷论坛收到"线报"称:"某时某刻,'子弹头'会出现在宝山科技站进行调试." 消息是由在铁路部门工作的网友发出的.所以老大Levi当机立断:上海火车迷开始行动!
>>昨年末、鉄道ファンフォーラムに一つのダイヤ情報(?)が舞い込んできた。
 「某時某分、子弾頭が宝山科技駅で試験運転を行う」と。
 この情報は鉄道部門で働くサイト仲間からのものだった。
 Levi(注:フォーラムの幹部)はこの機を逃すことなく即断した。
 「上海の鉄道ファンよ、行動を開始せよ!!」


全国組織で職務分担、各地から集まった情報を共同分析。
挙句の果てには鉄道部から内部情報流出。
恐るべき中国の鉄道ファン。
間違いなくスーパー興奮状態のLevi達!
あこがれの新幹線とのご対面はなるのか?!


明日へ続く。

この作業けっこう面倒でして、1日1時間作業でご勘弁を。



    中国留学情報、掲載大学117校
    

    ポチッと一押しお願いします!
    
 

上海日日新聞 | 【2007-02-02(Fri) 12:23:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ども。昔は鉄道オタクだったジャーナリスト、王九蛋です。

日本でもすでに報道されているとおり、中国でも新幹線が走り出しました。
こちらではその速さ、形状から「子弾頭(弾丸)」と呼ばれています。
1月28日から営業運転をスタートしました。

今のところ運転状況と運賃は、
  上海-南京 1等86元、2等72元
  上海-杭州 1等58元、2等49元
杭州行きは上海南駅からの発車です。
8両1編成を2編成連結した16両編成での運転。
最高時速160km、4月18日のダイヤ改正以降は250kmになります。
テレビなどを見る限り、中国人乗客の評判は上々。
台湾新幹線と違ってトラブルもないようで、何よりです。


さて、どのマスコミも新幹線そのものを取り上げる中、
週間新聞の「上海壱周」1月31日号はこんな感じできました。

新幹線、中国に登場! in上海


火车迷:CRH-2,我为你狂!
火车迷は鉄道ファンのこと。
CRH-2はこの新幹線の形式番号です。
我为你狂はなんて訳せばいいんでしょう。
「あなたに首ったけ」ってところでしょうか。
オレンジのジャンパーを着たお兄ちゃん、嬉しそうというか、誇らしげというか。

いるんですなぁ…中国にも、鉄っちゃんが。
その様子を記事から抜粋してみますと…


1月28日,对上海的火车迷们来说却是盛大的节日.
>>1月28日は上海の鉄道ファンにとってまさに盛大な記念日となった。


小姚在上海一家饮料公司上班,前一天正好轮上值夜班,本该到8时才下班."6时多就从公司请假出来了,首班车我怎么可以错过!"
>>上海の飲料メーカーに勤める姚さん、前日はラッキーにも夜勤が回ってきた。
 本当だったら退社時間は朝8時。(注:1番列車は8時30分発)
 「6時過ぎに会社に頼んで帰らせてもらいました。
  一番列車を逃すなんてありえないっすよ!」


火车迷无疑是整个列车上最忙碌的人,一会围在一起研究自动门感应的有效距离,一会又体验厕所的舒适度.二等车厢,头等车厢,餐车,休息室,就连乘务员室和垃圾桶他们都没有放过,一一拍照存档.
>>鉄道ファンたちはこの列車の中で間違いなく最もせわしない存在だった。
 ある者は自動ドアがどの距離まで反応するかをチェック、
 ある者はトイレの快適度を自ら体験。
 二等車から一等車、食堂車に休憩室、挙句の果てに乗務員室からゴミ箱まで放っておかず、
 彼らは写真に収めていったのだった。


小姚把随身带的东西放在座位上之后就再也没有坐下过.
>>姚さんは(乗車後)荷物を座席に残すと、そのまま戻ってくることはなかった。


いやいや、なかなかやりますな。上海の鉄っちゃん。
実は彼らの狂想曲はこの前から始まっていたのでした。

明日(以降)に続く…



    中国留学情報よろしくです♪
    

    こっちもポチッと、よろしくです!
    


上海日日新聞 | 【2007-02-01(Thu) 21:32:02】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

ども。ホットミルクと寒さが嫌いなジャーナリスト、王九蛋です。
地理の授業で「中国の三釜…重慶、武漢、南京」と習った覚えがありやんした。
中国でも特に暑い場所として有名ということで。
その武漢に来ているのですが。
聞いてねぇぞ、雪が降るなんて!

昨日は朝から雨だったのですが、途中から氷の粒が降っていました。
雹(ひょう)なんでしょうねぇ。
「さみぃなぁ…」と思っていたのですが。
今朝、窓の外を見ると、一面の銀世界。
そして降り続ける雪。
ホテルの従業員いわく、3年ぶりに雪が降ったとか。
運の悪いジャーナリストです。


今日の一軒目、湖北工業大学は一面の銀世界。
何年振りでしょうか、すべってころんで雪まみれになったのは。
靴も手袋もずぶぬれ。

凍えながらたどり着いた今日の二軒目、武漢理工大学。
まずは雪景色をお楽しみください。


雪の理工大

真っ白でーす。

積雪50ミリ。ははは、一面の銀世界。
武漢だよ、ここは。中国の釜だよ!
寒さにめっぽう弱いジャーナリスト。
この時点で今日の午後はホテルにこもることを決断。

ところがである。
ここは大学。いいなぁ、若いって。

雪合戦でーす。
雪合戦1


こっちでもやってまーす。
雪合戦2



一応、彼らの名誉のためにいっておくと、
ここ武漢理工大は学生数5万人を抱える国家重点大学。
それなりの学校なのである。
とはいっても、そこは20±2歳。
めったにない雪におおはしゃぎなのだ。
ということで、こちらでは…


雪だるま作ってまーす。
雪だるま1


あのなぁ、勉強せぇ。


雪だるま2

だからぁ、わかったぁー、っつうに。


はぁ、うらやましい。



    中国留学情報、湖北省の取材スタートです♪
    

    雪だるまに免じて一押しを!
    




上海日日新聞 | 【2007-01-17(Wed) 01:58:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ども、国際派ジャーナリスト王九蛋です。
日本、台湾、中国、北朝鮮、韓国と黄海沿岸を制覇するため、
今回の夜行列車24時間生活を契機に、ハングルの勉強を始めました。

いや、これ、難しいわ。
ハングルを読めるようになるのは簡単。
ローマ字みたいなもんだから、3時間も勉強すれば読めるようになる。

けど、単語を覚えるのがかなり大変な雰囲気。
中国語は漢字ワールドだから、日本人には覚えやすい。
ハングルも漢字起源の単語が半分以上らしいけど、なんといいますか、
パッと見てもルーツになってる漢字が浮かんでこない。
これは難航しそうです。

どなたか、韓国語単語とルーツの漢語との対応表か何か知りませんか?
 


    中国留学情報よろしくハムニダ♪
    

    こっちもポチッと、押してスムニダ!
    

上海日日新聞 | 【2006-11-18(Sat) 02:26:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ども、中国の鉄道に詳しくなってきた王九蛋です。
江蘇省常州市の如家酒店よりお送りしています。

先週と今週は安徽省、江蘇省と近場を攻めています。
南京に入ったのは先週火曜日の夜でした。
安徽省から入ったため、スーパービッグギャップ!!
なんて大都会なのだ。高いビルがあって、車が多い。人も多い。
上海人であることを忘れておのぼりさん状態になったのであります。

南京大学、師範大学と取材を続け、東南大学を訪れたときのことでした。
大学取材で一番困ることって何だと思いますか?
取材をお願いすることではないんです。
実は、留学生事務所を見つけるのが一苦労どころか、百苦労。
校門から留学生事務所まで平均で30分以上かかります。

だぁ~って、知ってる人が少ないしぃ、
みんな言うことが違うしぃ、
言われたところに行っても絶対無いんだもん!

言われた通りに行ったら、外国部学部日本語学科だったり、
中国人を外国に留学させる部署だったり、
閉鎖されて誰もいない廃墟だったり…
1時間以上かかることもざらです。

東南大学でもおかげさまで小一時間、健康づくりをさせていただきました。
そしてようやく正確な場所を教えてもらったのです。
「五四路の五四楼にあるよ」って♪

中国の大学はどこも広くて、通りには必ず○○路と名前がついています。
いろんな人に聞きながら、無事に五四路の五四楼にたどり着き、
親切な老師に取材に応じてもらい、記事をアップできました。
   http://liuxue998.com
よかった、よかった。


上海に戻ってビールを片手に読書タイムを過ごしているときのことでした。
「五四」の意味を思い出したのは。

日露戦争以降、中国へ触手を伸ばす決め手を欠いていた日本にとって、
第一次大戦は絶好の機会であり、日英同盟を名目に英国の敵国である
ドイツに宣戦を布告し、ドイツの租借地であった青島に侵攻した。
そして戦後、中国に対して対華二十一箇条要求を突きつけた。
●青島の租借権を日本が継承する…これは強引に理屈は通るか?
●満鉄関連の権益を1997年(?)まで延長…これはこじ付けだよね。
●中国政府の警察部などに顧問を派遣…う~む、恥ずかしい。

同じく戦勝国であった中国も参加したベルサイユ講和会議で
この対華二十一箇条要求が一部を変更してだが、通ってしまった。
(確か警察権への介入が削除されたんだっけ?)
これに対して北京大学(だったと思う)の学生が発端となって
全国に抗議活動が波及したのが1919年05月04日。
つまり「五四」
今でも5月4日は青年節として学生は半ドンになっている。
(労働節休みの期間なので目立たないけど)
東南大に限ったことじゃなくて、地図を広げてみるとけっこうあるのです。
「五四」が。

満面の笑顔で「おばちゃん、五四路ってどこ?」と尋ね、
そのおばちゃんに「あんた中国語上手いね、何人だい?」と聞かれ、
のんきに「あ、俺?、日本人よ、日本人」と答えていたジャーナリスト。
はぁ…、軽い自己嫌悪。


我々日本人にとっては遠い過去であっても、彼らにとっては近い過去です。
今日、ホテルの近所の屋台で晩酌のつまみにチンジャオロースを頼み、
できるまで店の人と和やかに雑談。

おっちゃん「日本人と話すのって初めてだよ。」
ジャーナリスト「そうっすか?」
お「うん…。 あのさぁ、テレビに出てくる日本人ってみんな悪い奴じゃん」
ジ「ははは、そうっすねぇ。」
お「実際どうなのよ? みんな悪いの?」
ジ「んなことないっすよ。俺、悪い人に見えます?」
お「だよなぁ。そんなことないよな。」
ジ「でしょ。日本にも中国にも泥棒はいるっしょ。」
お「でもさぁ、南京大虐殺とかあるじゃん。あれってどうなのよ?」
ジ「あれは悪いっすよね。戦争だから全部悪いっすけど」
お「だよな。あの頃のあんたの国の政治家が悪いわなぁ。」
ジ「こう言っちゃぁなんなんすけど、俺たち庶民はねぇ…」
お「どうしようもねぇわなぁ…」
(以上、すべて実話)

チンジャオロースを作りながら、その手元を見ながら、
ごくごく普通にこういう会話が起こる。
食堂のおばちゃん、マンションの管理人、タクシーの運ちゃん、
何人もの人とこういうやり取りを何度と無く繰り返してきた。
彼らの名誉のために申し添えると、一人として日本の一般庶民を
責める人はいなかった。
誰もが当時の日本の首脳陣の誤りであり、
当時の日本庶民もまたある意味での被害者であることを理解している。

しかし、何よりも、この話題が普通に出てくる。
我々日本人よりもはるかに「身近」な話題として。
それに日々接していながら「五四」を忘れていた自分に反省。
税金も払わずに異国に受け入れてもらいながら、
異国に対する配慮を忘れていた自分に反省。


さぁて、寝ましょっかね。
明日は午前中は常州、午後から鎮江。
 


    中国留学情報、掲載大学数もう少しで50大学!
    

    中国と中国人を愛する皆さん、愛の1クリック!
    



☆★お知らせ★☆
「中国語学習・中国留学共用掲示板」というのを作りました。
これは中国に関するサイト・ブログで1つの掲示板を共同運用しようという試みです。
いろんなサイト・ブログで1つの掲示板にリンクさせます。
こうすることでAサイトから入った人の質問に、Bブログの人が答える、
というパターンが生まれます。
つまり、個々のサイトで独自の掲示板を持つよりも、回答率がアップします。
一昨日の夜スタートさせたばかりです。
是非、皆さんもご参加ください。
みんなで協力して迷っている人たちを応援しませんか?
詳しくはこちらを。
   http://otd12.jbbs.livedoor.jp/liuxue998/bbs_thread
 


上海日日新聞 | 【2006-11-08(Wed) 01:53:34】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

上海日日新聞 第2号
「明るい記事」


2年ほど前だったと思う。
日本に来ている中国人留学生と話をしていた。
新聞の話題になったときに彼女が言った。
「なんで日本の新聞には悪いことや悲しいことしか書いてないの?」

中国の新聞には毎日何らかの明るい話題が載っている。
「若者がお年寄りを助けました」とか、
「手術が必要な貧しい人に寄付金が集まりました」とか。
おぉっと思うようなことから、ちょっとしたことまで、
毎日必ず一つはそういった記事が載っている。

私はその時こう答えた。
「明るい記事ばっかりだったら売れ行き落ちるんじゃない?」
そう答えつつ、いささか複雑な心境になった。
確かにそうなのだ。
日本のメディアは新聞に限らず悪い事件や不幸ネタがやたら多い。
例えばテレビ番組で「日曜スペシャル☆衝撃の映像」とかがあると、
必ずその内容は交通事故であったり、大爆発であったりする。

我々日本人は不幸が好きな民族なのか。
いや、決してそうではない。
ただ、もう少し明るい話題があっても良いのではないか。
せめて中国の新聞並みに。

今日もビシッと頼みますよ。
社会派編集長!


青年 [青年社]
2006/10/10星期二 农历丙戌年八月十九
报讯

ども。
毎日見に来てくれてありがとうございます。
上海が誇る社会派ジャーナリスト兼編集長、王九蛋です。
あっしが愛読するのはこの青年
なんてったって安い!
衝撃プライス0.5元!
日本円で7円ってとこですな。

ではさっそく、今日の明るい話題です。

贵州来泸旅游的赵先生刚到黄浦江边不到20分钟,就碰上一名男子跳江.
>訳:貴州(雲南省の省都)から上海に旅行に来た趙さんが黄浦江(上海中心部を流れる河)にや
  ってきました。20分ほど経ったころに、ありゃ!一人のにいちゃんが河に飛び込むのに出くわ
  したのです!
あれだね、国慶節の連休使って遊びに来たんだ。黄浦江は外灘とかがある観光スポットだからね。まぁ、えらい場面に出くわしちゃったねぇ。

赵先生跳水救人后才发现钱包掉在江里了,里面有银行卡和刚取出的1,000块钱. 原本打算晚上就坐车回老家的赵先生一家顿时没了主意.
>訳:趙さんは河に飛び込みにいちゃんを助けてやったが、その後になって初めて財布を河の中に
  落っことしたことに気付いた。あいた。中にはキャッシュカードと引き出したばかりの現金1,000
  元が入っていたのだ。趙さん一家はこの日の夜のバスで家に帰るつもりだったが、一瞬のうち
  に途方に暮れることになった。」
うわっ、飛び込んだ。なかなかできることじゃないねぇ。
でもどうすんの? 貴州から出てきて財布なくしちゃって。

昨天下午2点40分左右,记者在外滩水上公安局见到了"狼狈不堪"的赵先生. 虽然已经换上了一身干净的衣服,水还是沿着他的头发不停地滴下.
>訳:昨日の午後2時40分頃、記者は外灘水上警察署で困惑しきりの趙さんに会った。すでに新し
  い服に着替えていたが、彼の髪からはまだ水が滴り落ちていた。(拭いてやれよ!)

据赵先生描述,当时他们一家人正在广东路外滩,而跳江的男子则站在不远处打手机,神情十分激动, "他好像是在跟人吵架,讲着讲着还哭了,然后就突然跳下去了." 赵先生立刻纵身跃下救人.
>訳:趙さんによると、そのとき趙さん一家は広東路外灘にいて、例のにいちゃんはすぐそばで電
  話をしていたが、かなり興奮している様子だった。「あぁ子は電話の相手ともめようやったですた
  い。話しばしよぅうちに泣き出しよってですねぇ、したら急に飛び降りよったとです。」趙さんは
  すぐさま身を翻して自分も飛び込んだ。
はぁ・・・えらいねぇ。とっさの動きにその人の本性が出るもんね。
俺やったら絶対できんね。

落水男子被救后送往附近医院,此时赵先生才发现裤兜里钱包不见了. "跳下去的时候哪想得了那么多. 人是救了,可是我们一家身无分文,回不了家了."赵先生说.
>訳:飛び込んだアホにいちゃんを近くの病院に送り届け、そのときになって趙さんはズボンのポケ
  ットに入れていた財布がなくなっていることに気付いた。趙さんいわく「飛び込みようときは、
  そげんいろいろ考えきらんやないですか。人は助かったばってん、わしら一家は一文無しになっ
  てしもうたです。家に帰れんことなってしもうた・・・」

水上公安局将一笔见义勇为基金交给赵先生,为他开具了证件丢失证明,并设法与银行沟通为他们解决问题.
>訳:水上警察は趙さんに義捐金を渡し、紛失証明書を発行してあげ、そして策を講じてこの問題
  を解決するように銀行に話を付けてあげたのだった。
へぇー、公安が。
あのいつも無愛想なあの公安がねぇ。
ふぅーん、いいとこあるじゃん。


日本の新聞ももうちょっと人情味ある記事書いてくれないかな。


    中国留学情報よろしく♪(情報更新しました。)
    

    こっちもポチッと、お願い、押してください!
    

上海日日新聞 | 【2006-10-15(Sun) 17:27:28】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

ども。
中国の新聞から「今」を鋭く切り取る上海日日新聞。
社会派編集長の王九蛋です。
えー、創刊号から上海以外の新聞で、なおかつ古い記事で恐縮なんですが。
東北ツアーの取材記録を整理してたら出てきまして。
さぁ、さっそくいってみましょう!


生活报 [龙江日报报业集团]
2006/09/09星期六 农历丙戌年闰七月十七
据[南方都市报]报道

黒河駅で哈尔滨に戻る列車に乗る前に買った新聞ですな。
なんか面白い記事はないですかねぇ・・・
は?なんじゃこりゃ?



ミイラ1

ミイラ男登場?
なにしてんの、おにいちゃん?

7日10时左右,一名年轻人在广州番禺石其镇沙涌村保境路路口贴小广告时被值班治安员抓获
訳:とあるおにいちゃんがビラを貼ってて捕まっちゃたとさ。
日本にもおるよねぇ。サラ金とかテレクラとかの小さいビラをペタペタ貼ってる連中が。
あほやのぉ。あんなもん捕まらんようにやらな。

为了"惩戒"他,治安员用小广告贴满此人的头部,
訳:捕まえた警備のおっちゃん、懲らしめたるぞー!ってことで、
  そのビラをアホにいちゃんの頭にペタペタ貼り付けてやった。
ははは、笑かすのぉ。おっちゃん、やったれやったれ。

并用双面胶纸在这名年轻人身上贴出一个女士内衣的图案后,
訳:さらに両面テープを使って、ビラをブラジャーの形に貼り付けてやったでよ。
あらま、おっちゃん、そらやりすぎじゃねえの?
服脱がせて裸にさせて、ペッタンコはまずいっしょ。

又将其拉到街口示众长达一个小时.
訳:そしてそいつを大通りに引きずり出して、1時間見せしめの刑に処したのであったー
だめだって、おっちゃん。一線越えちゃったよ。やばいよ、そりゃ。
人権蹂躙だのなんだのって、おっちゃんがやられちゃうよ。

で、どうなったの?
へ?なんですと?
ここで記事終わり?!

うぅぅ・・・
なんと言うべきか・・・
「ほほえましい」ってことで良いんでしょうか・・・


    中国留学情報よろしく♪
    

    こっちもポチッとよろしく♪
    



上海日日新聞 | 【2006-10-12(Thu) 00:06:05】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。